プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パークアベニューがニキ・ド・サンファルだらけ



12-10-15 Niki de Saint Phalle

芸術の秋、パークアベニューがニキ・ド・サンファルの作品でカラフルに彩られている。

ユニークなフォルムと原色が多い斬新な色彩が地味なオフィス街を楽しい通りに変えている。ただ52丁目から60丁目までの中央分離帯の信号毎に設置された9個の作品を全部見て周るのは結構大変だ。

ArtForum の記事
http://artforum.com/uploads/guide.001/id27579/press_release.pdf

Niki de Saint Phalle Sculptures on Park Avenue
(New York City Photo Blog)
http://www.guney.org/niki-de-saint-phalle-sculptures-on-park-avenue/

Niki de Saint Phalle の公式サイト
http://www.nikidesaintphalle.com/

スポンサーサイト

パークアベニューの巨大なテディ・ベア


11-08-26 Yellow Teddy Bear

パークアベニューに登場した巨大な黄色のテディ・ベア。スイスのアーティスト、ウルス・フィッシャー(Urs Fischer)の作品。

彼の作品は、多種多様でいつも手法が違って、それが魅力となっている。テディ・ベアがオフィス街のド真ん中に鎮座しているという風景はかなりインパクトがある。

Urs Fischer のサイト
http://www.ursfischer.com

Curbed NY の記事
http://ny.curbed.com/archives/2011/04/06/giant_yellow_teddy_bear_takes_a_seat_on_park_avenue.php


ニューヨーク中にピアノ


11-06-26 NY Piano-1 11-06-26 NY Piano-2

街中にピアノが置かれ、誰でも弾けるイベントがニューヨークに返ってきた。

イギリス人アーティストの Luke Jerram が始め、今や世界20以上の都市で行われたイベント、"Play Me, I’m Yours"、今年はちょっと趣向が変わった。

あちこちにある色とりどりのピアノが奏でられているが、今年はそれぞれのピアノに歌手が付いていっしょに歌うというもの。色と音と歌が同時に織り成す新しいアートである。

Sing for Hope
http://singforhope.org/

Play Me, I’m Yours
http://www.streetpianos.com/

Luke Jerram
http://www.lukejerram.com/

Street Pianos Returning, With Reinforcements (NY Times)
http://cityroom.blogs.nytimes.com/2011/06/07/street-pianos-returning-with-reinforcements/


クラウン・ファウンテンはちょっと不気味


11-03-08-06 Crown Fountain-1 11-03-08-06 Crown Fountain-2

ミレニアム・パークのミシガン通り沿いにあるクラウン・ファウンテン (Crown Fountain) は、夜見るとちょっと不気味だ。

人の頭部をモチーフとすることが多いハウメ・プレンザ(Jaume Plensa)による作品で、向かい合った巨大スクリーンに顔が映し出されて時折口のところから水を噴出す。残念ながらこの時期は水が抜かれているのでそれを見ることはできないが、作品の面白さはよく判る。

Crown Fountain (City of Chicago)
http://explorechicago.org/city/en/things_see_do/attractions/dca_tourism/Crown_Fountain.html

Jaume Plensa のサイト
http://jaumeplensa.com/

グーグルマップではココ。
http://g.co/maps/pevm7


ミレニアム・パークのクラウド・ゲート


11-03-08-05 Cloud Gate-1 11-03-08-05 Cloud Gate-2 11-03-08-05 Cloud Gate-3

アニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)の作品、クラウド・ゲート(Croud Gate)がミレニアム・パーク内AT&Tプラザに鎮座している。

愛称が、ザ・ビーン(The Bean)であるように巨大な豆のカタチをしている。表面がステンレスの鏡面になっているので、曲面に歪んで周囲の人や景色を映し出すことにより作品として成立させている。このステンレスによる鏡面を使って反射を取り込む手法は、アニッシュ・カプーアの代表的作として他の作品でもよく使われている。

寒い午前中であったが、多くの観光客が近づいたり離れたりしながらその反射する姿を楽しんでいる。参加するパブリック・アートとしての成功例と言えるだろう。

Croud Gate (City of Chicago)
http://www.explorechicago.org/city/en/things_see_do/attractions/dca_tourism/MP_orinigal.html

Anish Kapoor のサイト
http://www.anishkapoor.com/

グーグルマップではココ。
http://g.co/maps/cwd9w


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。