プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイアミ・ビーチのアール・デコ建築

20070524114729.jpg

フロリダついでに、マイアミ・ビーチについて。

マイアミ・ビーチの南部、サウス・ビーチにあるアール・デコ地区は、国指定の歴史地区に登録されている。ここは1920~40年代に建てられた何百ものアール・デコ建築のホテル、アパートが密集している世界的コレクションである。

見渡す限りのアール・デコ建築であるが、それぞれが異なっておりケーキのようなパステルカラーの外観が青空と相まって独特の雰囲気を創り出している。

前半(1926~1938年)のアール・デコ建築はエジプトやアッシリア、ペルシャなどの古代建築をモチーフとしている。これは1922年のツタンカーメンの墓の発見と関係があるらしい。後半(1930年代後半~40年代前半)はカーブするコーナーを単純化させた機械的外観を持つ「流線型」の時代と言える。

この保存政策の成功は、「マイアミ・デザイン保存連盟(Miami Design Preservation League : MDPL)」の創設者である Barbara Baer Capitman女史によるところが大きい。投資家達にそれだけの経済的価値を認めさせたということだ。

現在、修復のガイドラインは大変厳しくなっている。しかしそれをクリアすることこそが、この地域の価値を高めることになると認識されている。そして、この地区は歴史的建築を最もうまく生かした成功例として、世界中から観光客を引き付けている

City of Miami Beach
http://www.miamibeachfl.gov/

Miami Design Preservation League (MDPL)
http://www.mdpl.org/

ArchitectureWeek - Culture - Art Deco South Beach
http://www.architectureweek.com/2002/1030/culture_1-1.html

Gallery: South Beach Art Deco District
http://fcit.usf.edu/FLORIDA/photos/arts/sbdeco/sbdeco.htm

The Ocean Surf Hotel
http://www.theoceansurfhotel.com/

写真の Breakwater Hotel、グーグルマップではここ
http://tinyurl.com/2burvk3

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

ボカ・ラトン ・リゾート & クラブ

20070518205900.jpg

アメリカ人の憧れの地ボカ・ラトン、その最高峰が全米屈指の5つ星リゾートとして有名なこのボカ・ラトン・リゾート&クラブ(Boca Raton Resort & Club)である。

あまりリゾートには縁がないが、知人の結婚式がこの近くであったので、思い切って有名なここに泊まることにした。とは言っても一番安い$180ぐらいの部屋であったが‥‥。

マイアミから北へ1時間程ドライブしたところにあるボカ・ラトン(Boca Raton) 、その一画の広大な敷地にボカ・ラトン・リゾート&クラブとなっている。

ピンクのお城のような玄関に到着するとそこは高級車の展示場と化していて、ベンツやBMWは当たり前、ロールスロイス、フェラーリがところ狭しと並んでいる。やはりネオンなんかで来てはいけなかったらしい。(ただこれはわざと高級車を玄関前に停めているようで、裏の駐車場にはフツーの車がが沢山停まっているので大丈夫。)

ロビーは天井が高く、アンティーク家具や屋内の噴水がゴージャス感を醸し出している。そして2つの18ホールのゴルフコースと30面のテニスコート、5つのスイミングプールがあって一年中楽しめる豪華リゾートとなっている。

ここで有名なのが、教会のような「カテドラル」という部屋での「世界一の朝食バフェ」。アメリカなのに何かヨーロッパのような雰囲気で、さすがにウマイ!

デザインは Addison Mizner。彼は正式の建築教育を受けておらず、図面を引けなかったという。サンフランシスコやニューヨークで活動し、その後病気をしてフロリダのパー ム・ビーチに引っ越した。そこでスパニッシュ・コロニアル・リバイバル・スタイルの住宅を多く設計、そしてボカ・ラトンへ引越して理想のリゾートを目指して自ら開発したのが、このリゾート&クラブである。

スペイン風とメキシコ風が合わさったトロピカルな雰囲気で、アースカラーのタイルやを自然な風合いの素材を用いてナチュラルな外観に仕上げ、ひとつの完成された様式美を作り出している。

オフィシャルサイト
http://www.bocaresort.com/

Addison Mizner (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Addison_Mizner

Addison Mizner Boca Raton Home
http://www.suzyandewald.com/House1.html

Most Important Floridians of the 20th Century の記事
http://www.theledger.com/static/top50/pages/mizner.html

Spanish Colonial Revival Style architecture (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Spanish_Revival

グーグルマップのココ。
hhttp://tinyurl.com/2abx3gz

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



クライスラーのクルマはどうなる?

20070516191014.jpg

クライスラーを投資会社サーベラスが買収することになったが、先日クライスラー・ブランドのひとつであるダッジの Charger を運転する機会があった。

カタログによると6.1リッター、425馬力のエンジン搭載まであるが、運転したしたのは 2.7リッター、190馬力の最も弱いエンジンのものであった。たしかにこの図体ではちょっと物足りないかもしれないが、高速道路の上り坂でもそれ程パ ワー不足とは感じられなかった。

全長 5.08m、全幅1.89mのサイズはレクサスのLS460とほぼ同じ大きさで、昔のアメ車に比べれば小さいが、それでも駐車場の取り回しに慣れるまで大変だ。内装は極めてシンプル、しかし高級感というものは感じられない。

ダイムラーといっしょになってから、クライスラーのデザインはレトロなものを含めてより力強い「アメリカン」を感じさせるようになった。それを強調することでベンツとの棲み分けを狙ったが、今後はどうなるか。 売れるクルマを目指すため、日本車のモノマネに陥ることだけは避けてほしいところだ。

Dodge Charger
http://www.dodge.com/en/charger/index.html

ダッジの日本に向けオフィシャルサイト
http://www.dodge-japan.com/index.html

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



シンギュラーからAT&T へ

20070515214335.jpg

シンギュラーが AT&T へブランド変更中である。

シンギュラー・ワイヤレスは、2001年にSBCコミュニケーションズとベル・サウスの合弁企業として、両者傘下の地域携帯電話会社11社が合併して設立 された。その後、2004年にAT&Tワイヤレスを買収し、アメリカ最大の携帯電話事業者となった。そのときは CINGULAR という新しいブランドを認知させるのに必死であった。実際、AT&Tにしてしまえばいいのに思ったものである。

そしてやっとかなり浸透して、アップルのiPhoneも使えるということでかなりイメージも上がってきたところでのブランド変更である。

変更は、エイヤと切り替えるのではなく、まだシンギュラーの名前を残しながらこれからはAT&Tですよ、とやんわり呼びかけている。今のスローガンは、"Cingular is now / The new at&t"。

2007年末にはブランド変更を完了するということだが、がんばって浸透させたブランドから由緒あるブランドへという難しい状況は見ていて非常に興味深い。

AT&T Mobility L.L.C.
http://www.cingular.com/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



今年のPRATTショウ

20070514221230.jpg

PRATTの卒業作品展へ行ってきた。

今年のPRATTショウ、初日に行ったのだがやたらと混んでいる。プロが多く見に来ているようだ。

最近はコンピュータースキル向上のため、グラフィックデザインのレベルは高い。ただやはりキレイにまとまって(いるように見えて?)しまって、ブッ飛び感は今ひとつというところか。

そして、デザイナーとしての基本能力はもちろんだが、個人の品格やチームプレイにおけるコミュニケーション能力、そして人柄をどう判断するかが課題なのは言うまでもない。

韓国人や中国人の留学生の多いのは近年の傾向だが、黒人やスパニッシュ系など人種的にかなりバラエティーに富んできているように感じられた。

Pratt Institute
http://www.pratt.edu/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スモーカーズ・アウトポスト

20070513030047.jpg

写真はロックフェラーセンターのプロムナードにある店舗入り口にある吸殻入れ。

近年、あちこちで見られるようになったこの吸殻入れ、スチール製で火を消さずに投入することができ、煙も出ない。1995年にキャロル・ルーデック(Carol Luedecke)によりデザインされ、現在いろいろなタイプのものがある。

スモーカーズ・アウトポスト=「喫煙者の前哨基地」というネーミングも面白い。

歩行禁煙でないアメリカでは歩きタバコがやたらと多く、ポイ捨ての吸殻も道端にあふれている。ビルの入り口付近では、多くの喫煙者がたむろしている風景がよく見られる。そして灰皿やその付近がやたら汚い。

スモーカーズ・アウトポストはそれを緩和するなかなかいいデザインであるが、戸外も全面禁煙になって、これも必要のない時代に早くなって欲しいものである。

Smokers' Outpost
http://www.smokersoutpost.com/

Commercial Zone Products
http://www.commercialzone.com/index.cfm

The Wall Street Journal からの記事
http://www.startupjournal.com/howto/ip/20010507-gill.html

日本での販売元:UEK株式会社
http://www.uek-corp.com/sm/index.html

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



ソニー・Remade In The USA

20070511211130.jpg

先日のビジネスウィークにソニー・デザインについての記事があった。

製品デザインのいくつかを、2005年にできたロサンゼルスのソニー・デザインセンターでも行っているという話である。以前はニュージャージーにあったのだが、西海岸の方がいいということだろうか?

ライフスタイルに合わせたデザインのローカリゼーションは必要であるが、最近はデザイン・テイスト自体、世界中でかなり同一化してきている。しかし、それ でも出てきたものに違いがあるのが面白い。情報が共有化され、教育も似たものになっている中でも、まだやはりその血は争えないと言うことか。

今まで、トルコ、ノルウェー、ドイツ、フィリピンなど(それからアメリカ人とも‥‥)の出身デザイナーといっしょに仕事をしてきたが、それぞれ違う面白さ がある。それらが影響し合ってまた新しい何かが生まれる。その意味でアメリカの強さの秘密は、バックボーンの違う人間が集まっているところにあると言える だろう。

このようなデザインに興味がある方はぜひ連絡ください。

Remade In The USA
Sony's comeback may ride on its Yankee know-how
http://tinyurl.com/yodkoq


Sony Design
http://www.sony.net/Fun/design/top.html


---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



オーパス40(Opus 40)

20070510182756.jpg

マンハッタンから車で2時間、有名なウッドストックの近くにこのアース・アート (Earth Art)がある。

彫刻家で、石切り工あるハーベイ・ファイト(Harvey Fite)が、粘土質砂岩の一種であるブルーストーンの旧採石場の6.5エーカー(2.6ヘクタール)の土地を買い取って35歳から37年間ひたすら自分 ひとりで石を積んでいった。最後は作業中の転落死によっての完成(終了?)であった。

隙間なく詰まれたブルーストーンによる作品は、迷路、坂道、プール、テラスなどで構成されており、歩いて気持ちがいい。まさに人の手によってできたもので あるが、その行いもまた自然の一部であるように周囲の風景と一体となっている。太古の昔から続けられてたきた、人間と石との営みのひとつがここでまたアー トとなって結実していると言えるだろう。

National Register of Historic Places として登録されており、非営利団体として運営され結婚式やコンサートなどにも使われている。

Opus 40
http://www.opus40.org/

ニューヨークタイムズの記事
http://travel2.nytimes.com/2006/06/02/travel/escapes/02trip.html

グーグルマップだとこのあたり
http://tinyurl.com/35rvlw5

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



メドウランド・ザナドゥが建設中

20070505115523.jpg

メドウランド・ザナドゥのインドア・スキー場が姿を見せ始めた

マンハッタンの西、ジャイアンツ・スタジアムなどがあるニュージャージー州、East Rutherford のメドウランド・エリアでは、エンターテイメントとショッピングなどの総合コンプレックス、「メドウランド・ザナドゥ」が建設中である。

デベロッパーは Mills Corporation で、The Rockwell Groupによるデザインのこの施設は、北米初のインドア・スキー場をはじめ、野球独立リーグのひとつ、アトランティックリーグに所属する Bergen Cliff Hawks の球場などのスポーツ施設、ELLEのパビリオンなどがあるニュージャージー州最大ショッピングセンターの他、オフィス、ホテルなどで成り立っている。今年中の完成予定だが、実際には2008年にずれ込むようだ。

ニュージャージー・トランジットの支線と駅も新設されるようで、マンハッタンのミッドタウンから15分のところに出現する巨大施設によって人の流れが大きく変わるものと予想される。

Meadowlands Xanadu
http://www.meadowlandsxanadu.com/

The Mills Corporation
http://www.themills.com/

The Rockwell Group
http://www.rockwellgroup.com/

Meadowlands Xanadu (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Meadowlands_Xanadu

グーグルマップではこのあたり。
http://tinyurl.com/3y84mh5

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。