プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨージ・ヤマモトの新旗艦店


08-06-26 Yoji Yamamoto

ミートパッキングエリアに、ニューヨークで2軒目となるヨージ・ヤマモトの旗艦店がある。

今年の2月にできた石上純也氏によるレンガ造りのデザインは、シンプルで完全に街に馴染んでいている。最初、気が付かずに通り過ぎてしまった。

しかし三角形に切り取られシャープなエッジを持つ外観は力強く、明らかに他に類を見ないものだ。向こうの道までよく見える透明度の高い大きなガラス窓を用いたその空間が、見事なショーケースを創り出している。そして中のファッションと相まって独特の雰囲気を醸し出している。

そしてデザイナーが意図したものかどうか判らないが、屋上にある何の変哲もない空調機がニューヨークらしいと言えば、ニューヨークらしい。

Yoji Yamamoto
http://www.yohjiyamamoto.co.jp/

Yohji Yamamoto's NY Flagship (Coutortureの記事)
http://www.coutorture.com/1681472

グーグルマップではココ。
http://tinyurl.com/2a8hvk4

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

新しい球場はどこもレトロ


08-06-24 Shea Stadium

ニューヨーク・メッツのホーム球場であるシェイ・スタジアムの隣では、新球場、シティ・フィールド(Citi Field)が建設中だ。同じく新しいヤンキー・スタジアムも現在建設が進んでおり、両方とも2009年のシーズンから使用が開始される。

どちらの球場もレンガと鉄骨によるレトロな雰囲気を持ち、かつての古き良きアメリカのボールパークを再現しようとしている。

90年代から人工芝やドーム球場が衰退し、変わりに天然芝の野球専用球場が多く作られた。先鞭を付けたのが、ボルチモアのオリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズで、その成功が全米に広がっていった。快適さだけを追い求めるのではなく、様々な天候の中、自然と一体となって天然芝の上でやる「正しい野球」が見直されたということだが、それを実現させるためのマーケティングのうまさも見事である。

これらボールパークの建築デザインは、スポーツ施設デザイン大手のHok Sportによるもので、同様のコンセプトでありながらその地域を意識した個性的な姿となっている。

「ボールパーク」デザインの変化が、アメリカ人の野球に対する思いを呼び覚ましたということか。

Citi Field Website (Mets.com)
http://newyork.mets.mlb.com/nym/ballpark/citifield_overview.jsp

Citi Field (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Citi_Field

Shea Stadium (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Shea_stadium

Newsday.com New Yankee Stadium
http://tinyurl.com/okcos

Hok Sport
http://www.hoksport.com/

シティ・フィールドはココ。
http://tinyurl.com/3yzwojr

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

マグロウヒル・ビルの存在感


08-06-21 McGraw Hill Building

42丁目、ポート・オーソリティー・バス・ターミナルの隣にあるマグロウヒル・ビルは、近年近くに超高層のオフィスビルやコンドミニアムが建って目立たなくなってきた。しかし周りのモダンスタイルに対して逆に存在感が増しているように感じられる。

このビルは、ヘルズ・キッチン地区では、ワールド・ワイド・プラザができるまでは最も高いビルだった。そして光沢のある青緑色のテラコッタを使い、当時流行の流線型を取り入れたダイナミックなアール・デコ後期の作品は、巨大なジュークボックスと呼ばれた。

デザインは、レイモンド・フッド(Raymond Hood)。彼はミッドタウンにあるアメリカン・ラジエター・ビル(American Radiator Building)やシカゴのトリビューン・タワー(Tribune Tower)などをデザインし、またロックフェラーセンターにも関わっている。

隣接するポート・オーソリティー・バス・ターミナルは、このビルとの連続性を考えて同じ青緑色に塗られている。そしてターミナルを改修し40階建てのオフィスビルにする計画があるが、それができればマグロウヒル・ビルの重要性は益々高くなるだろう。

McGraw Hill Building (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/330_West_42nd_Street

レイモンド・フッド(Raymond Hood)
http://en.wikipedia.org/wiki/Raymond_Hood

McGraw-Hill Building(nyc-architecture.com)
http://www.nyc-architecture.com/MID/MID130.htm

Gleaming Office Tower May Rise Upon a Symbol of Urban Decay
(The Sunの記事)
http://www.nysun.com/new-york/gleaming-office-tower-may-rise-upon-a-symbol/53138/

グーグルマップではココ。
http://tinyurl.com/2ufq793

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

ホーボーケン駅にクロック・タワーが復活


08-06-20 Hoboken Tower

ホーボーケン駅にクロック・タワーが復活した。

ラカワンナ鉄道(Lackawanna Railroad=正式名:Delaware, Lackawanna & Western Railroad)のターミナルとして1907年に建てられた現在のホーボーケン駅は、国と州登録の歴史的建築物(National Register of Historic Places)として保存されている。

ペンシルバニア州のスクラントンから無煙炭(不純物の少ない良質の石炭)を運ぶために作られたラカワンナ鉄道は、バッファローとニューヨークを結ぶ重要な路線として発達し、その東端にあたるホーボーケンには豪華な駅舎が建てられた。

その後、鉄道会社の再編を経て現在はニュージャージー・トランジットの通勤列車ターミナルとして活躍しているが、100周年に向けて待合室の内装などがリノーベションされてきた。そして最近そのシンボルともいえるクロック・タワーが復元された。

このタワーは1950年代に嵐で損傷して、その後修復されることなく撤去されたものだそうで、発展著しい駅周辺の新しいランドマークとして対岸のニューヨークからもよく見える。

今後、フェリーターミナルも修復され、かつての豪華な姿がよみがえる予定である。

News from CITY HALL
The Renovation of the Train and Ferry Terminal
http://www.hobokennj.org/html/news/news31.html

Hoboken 411 の記事
http://hoboken411.com/archives/6749

Hoboken Clock Tower
http://www.philly2hoboken.com/blog/archives/2006/06/post_1.html

Hoboken Terminal (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Hoboken_Terminal

ホーボーケン・ターミナル (アメリカ東部の鉄道の話題)
http://explorer.road.jp/us/railroad/lackawanna/hoboken/index.html

Delaware, Lackawanna and Western Railroad (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Lackawanna_and_Western_Railroad

グーグルマップではココ。まだ建ってない。
http://tinyurl.com/32gfa77

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

高級オーディオのハービー・エレクトロニクスが縮小


08-06-19 Harvey Electronics

ニューヨーク・エリアの高級オーディオ店として知られているハービー・エレクトロニクス( Harvey Electronics)のNJ州パラマス店が閉店する。

2007年11月に、連邦倒産法第11章(チャプターイレブン)を申請し、その後マンハッタンのABCカーペットとB&Oの店舗内店以外のすべての単独店を閉めることとなった。そして新たにカスタム・インストールを専門とする店をニュージャージーにオープンするらしい。

高級オーディオの市場は、それほど景気に左右されてこなかったが、さすがにここに来て変わってきており、ライバルが増えたこともあって今までのようにはいかないということだ。

ただ実際、ホームシアターに数万~十万ドルかける富裕層もまだまだいる訳ので、そういう市場を確実に取り込ねば大丈夫という戦略だが、果たしてどうなるか。

個人的には、たまに他では売っていない高級オーディオ機器の現物を見たいこともあるので、何とか少しでも店を続けて欲しいところではある

Harvey Electronics Inc.
http://www.harveyelectronics.com/default.asp

Harvey Shuts Stores While Adding Shops (TWICEの記事)
http://www.twice.com/article/CA6548440.html?nid=3185

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

全身広告をまとったフェリー


08-06-18 NY Waterway AD

バスの車体全体が広告になっていることは珍しくないが、船体まるごと広告になっているフェリーが運行している。

旅客機の全身広告もあるくらいだから、船があってもおかしくないという訳で(?)、マンハッタンとニュージャージーを結んでいるニューヨーク・ウォーターウェイ(NY Waterway)の何隻かが、今はワコビアの広告になっている。

誰がこれを見るのかと言えば、停泊中か航行中にすれ違うフェリーの客か‥‥。でも岸からもよく見えるから、船が広告になっているだけで結構目立つということだ。

広告を制作しているのは、Outdoor Solutions Group という会社。NY Waterwayとは関係があるようで、船やバス、ターミナル内外の広告を一手に引き受けている。燃料高騰の折、広告で少しでも稼がなくてはならないので、その存在は益々重要になっている。

しかしどうせなら以前あったような、いかにも船らしい楽しい全身広告にして欲しいところだ。

NY Waterway
http://www.nywaterway.com/

Outdoor Solutions Group のフェリー・ラッピングのページ
http://www.osgnyc.com/media/fer_full01.html

Wachovia
http://www.wachovia.com/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

ブランド名のないビルボード


08-06-17 Target AD

41丁目と42丁目、7番街、ブロードウェイに囲まれた1ブロックを占めるタイムズスクエア・タワーの東西北3面の、2~4階の大部分にターゲットの巨大広告がある。でも行こうと思っても、マンハッタンにはターゲットの店舗がない(最も近いところはブルックリンやジャージーシティー)というのが面白い。

2004年の完成時から、どの程度の頻度で変更されているのかは判らないが、赤白を基調として季節に合わせた広告が人目を引く。そして特徴的なのは、TARGETの文字が全く入っていないこと。赤い二重丸の「目玉マーク」が散りばめられているので、知っている人にはすぐ判るが、知らない人には何の広告だか判らない。外国人観光客の多いタイムズスクエアで、???と疑問に思って注目されればいいという広告戦略ということか。

ターゲットは、MoMAやブルックリン美術館の無料入場日をはじめ、いろいろなアートやデザイン・イベントのスポンサーになっている。自身、デザインを重視したマーケティングでウォルマートとの差別化に成功してブランド・イメージを高めている。

という訳で、同じものならターゲットで買おうと決意するのであった。

Target Corporation
http://www.target.com/

Target is putting its bull's-eyes on Times Square Tower.
(NY Times の記事)
http://tinyurl.com/6rewys

Boston Properties内の Times Square Tower のページ
http://tinyurl.com/6oqedp

Skidmore, Owings & Merrill LLP. Times Square Tower のページ
http://www.som.com/content.cfm/times_square_site_one

過去記事:"Design for All" by TARGET (06/05/16)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-32.html

グーグルマップではココ。
http://g.co/maps/269ub

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

デジタル・ダウンタウンでアメリカ家電市場を考える


08-06-16 Digital Downtown

ワールド・フィナンシャル・センター(The World Financial Center)のウィンター・ガーデンとその周辺で、デジタル・ダウンタウン(digital downtown)というイベントが行われた。

ラス・ベガスで毎年開催されているInternational CESを主催している全米家電協会 (Consumer Electronics Association=CEA)によるイベントで、家電メーカーがブースを出して最新商品を一般人にアピールしようというものである。規模も小さくわざわざ行く程のものではないが、これからのアメリカ家電業界についての講演会が関係者向けに開かれたので参加してみた。

LGと日立による大画面テレビについての話では、デザインの重要性が述べられていたが、今後画面が薄くなっていき、カタチのデザインがなくなっていくこれからについては言及しなかった。しかし、ここ数年のLGのデザインについての入れ込みは強力で、結果としてブレンド・イメージは格段に上がっている。

また、CEAによる小売業のトレンドについての話では、やはり製品が益々複雑化していく中、ベストバイのギーク・スクアッドのような設置や設定というサービスが大きなウエイトを占めるだろうということだった。「モノ」を売ることから「モノと一体となったサービス」、「モノを使わせるためのサービス」を売る時代はもうすでに始まっているということだ。

digital downtown
http://www.digitaldowntown-nyc.com/

CEA - Consumer Electronics Association
http://www.ce.org/

The World Financial Center
http://www.worldfinancialcenter.com/

過去記事:ギーク・スクアッドが増殖中 (06/12/13)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-146.html

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

ムーアの彫刻があるニューヨーク植物園


08-06-07 NY Botanical Garden Moore

ブロンクスにあるニューヨーク植物園(The New York Botanical Garden)に、ヘンリー・ムーア(Henry Moore)の作品が多数展示されている。

1891年に設立されたこの植物園は、ブロンクス動物園の隣にあって250エーカー(100ヘクタール)の広さを有し、世界中の植物が栽培されている。ブロンクスのど真ん中であるが、キレイに整備された園内は別世界でショップやカフェも新しく気持ちがイイ。

"Moore in America"という11月までのこの期間限定イベントでは、ムーアの彫刻が木々の間に点在しいる。

「やはり野に置けムーアの彫刻」という訳で、ヘンリー・ムーアの彫刻と緑の植物はよく似合う。おなじみの「母と子」や「横たわる像」、全くの抽象立体などムーアらしい柔らかで暖かいカタチが天気や太陽の位置によって変化する姿を森の中を散策しながら楽しむことができる。

しかしNJからの橋の料金8ドルに駐車料金12ドル、そしてこの展示のための特別料金がひとり20ドル、というのは結構イタイ。

The New York Botanical Garden
http://www.nybg.org/

Henry Moore Foundation
http://www.henry-moore-fdn.co.uk/

The New York Botanical Garden、グールマップではココ。
http://tinyurl.com/3agjolv

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

グラセンの地下線路


08-06-06 Gra-Cen

ニューヨーク、グランド・セントラル駅にあるニューヨーク交通博物館のギャラリー・アネックスで、"A RAILROAD REBORN:METRO-NORTH AT 25" というメトロ・ノース線25周年の展示が行われている。

その中にグランド・セントラル駅のレール・レイアウトの模型がある。レールは2層になっていて、それぞれ東はレキシントン街、西はヴァンダービルトとマジソン街の真ん中まで、南は42丁目までUターン用線路が敷設されており、この辺りの地下は線路だらけであることが判る。

有名なコンコースはすばらしいが、(同じニューヨークのペンシルバニア駅もそうだが)ホームは狭苦しく圧迫感があってそれだけ多くの線路があることを感じさせない。ヨーロッパのターミナル駅のような大きなドームの下にホームが並んで、列車の出入りに旅情を感じるということもできない。

何とかならないかという気もするが、マンハッタンという場所では致し方ないところではあるし、それがマンハッタンの駅らしいと納得することにしよう。

New York Transit Museum Gallery Annex and Store
http://grandcentralterminal.com/go/mallEvents.cfm?eventsOnly=1&eventID=2145350801

What's New at the Gallery Annex(下の方)
http://www.mta.info/mta/museum/whatsnew.htm

Grand Central Terminal (Wikipedia) 中央にレイアウト図あり
http://en.wikipedia.org/wiki/Grand_Central_Terminal

Grand Central Terminal, Waldorf-Astoria platform (Abandoned Stations)
http://www.columbia.edu/~brennan/abandoned/gct61.html

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

無印良品のニューヨーク旗艦店がオープン


08-06-05 Muji Time Square

オープンしたばかりのMUJIニューヨーク旗艦店、"MUJI Times Square" に行ってきた。

SOHOに続く「無印良品」2号店は、ガラス張りで天井も高く開放感がある店舗で、SOHO店が3,200sqft(297平方メートル)なのに対して、こちらは4,350sqft(404平方メートル)とちょっと大きく家具類のスペースが増えている。それでも日本の平均的店舗からするとかなり狭いらしい。

場所は40丁目の8番街から少し入ったところ。ここを「タイムズスクエア」と呼ぶには微妙なところであるが、"Times Square Alliance"の地図の中に辛うじて入っており、何と言っても名前の由来になっているニューヨークタイムズの本社にあるのだから文句は言わせない、ということか。

実際、通勤客や観光客の動線からは離れている。ビル内の他の店舗はまだできておらず、界隈にもこの手の店がないこともあって、SOHO店がいつも込んでいるのとは対照的に平日の夕方でも客はほとんどいなかった。今後発展するエリアであることは間違いないが、今の経済状況を見てもいつそうなるかは判らな い‥‥。

向かいにあるポートオーソリティー・バスターミナルの利用者がちょっと寄るかもしれないが、どうせならターミナル内に作ればよかったのにとも思えてしまう。他に場所はなかったのかという気もするが、今後2店舗オープンするそうなので、アピールするという意味ではそちらに期待するしかないだろう。

42丁目の吉野家、38丁目のゴーゴーカレーに続いてこのエリアにできた日本文化を代表する(?)店の今後を注目したい。

MUJI U.S.A.
http://www.muji.com/

Press Release
http://www.muji.com/news/news_052108.html

Times Square Alliance の地図
http://www.timessquarenyc.org/map/map_map.html

タイムズ・スクエアに「MUJI」 NY旗艦店オープン(朝日新聞の記事)
http://www.asahi.com/business/update/0531/TKY200805310267.html?ref=rss

Yoshinoya USA
http://www.yoshinoyausa.com/

Go Go CURRY USA
http://gogocurryusa.com/

過去記事:無印 in New York (07/11/18)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-271.html

グーグルマップではココ。
http://tinyurl.com/2blg9an

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

ロココのカーブはいつまでも


08-06-01 Rococo

クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館へ"Rococo: The Continuing Curve 1730–2008"展を見に行ってきた。

ロココ(Rococo)は、18世紀、ルイ15世の時代にフランスで始まった様式で、植物のような有機的曲線を多様した装飾技法であるが、その後ヨーロッパ他国やアメリカへ移り、「曲線のデザイン」として現在まで変化し、社会に影響を与えていった。

展示では、実物の家具や調度品、小物、印刷物などが並べられ、ロココが短期的な古い様式ではなく、それが各地に移動し変化していることがよく判る。18世紀の植物の葉をイメージした家具類から、アール・ヌーヴォーの小物、そして現代のフィリップ・スタルクやフランク・ゲーリーによる椅子などを通して300年に渡る「曲線デザイン」の流れを感じ取ることができる。

Rococo: The Continuing Curve
Cooper-Hewitt, National Design Museum
http://cooperhewitt.org/EXHIBITIONS/rococo/

Rococo (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Rococo

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。