プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカタッチスクリーン自販機



uVending Machine

ショッピングモールの一角に、52インチのデカタッチパネル付き自販機が現れた。

今年のCESにサムスンが発表したuVending Machineで、コカコーラとの共同開発したものだ。ネット経由で在庫管理をやるらしいがコレが実際繋がってるかは不明。

これだけデカいと押し間違いはしそうにないが、普段はコカコーラの広告が流れている。

The vending machine of the future!
http://www.samsungusanews.com/2009/01/the-vending-machine-of-the-future/

Samsung's uVending touchscreen Coke machine a huge hit at CES 2009
(Device.com)
http://dvice.com/archives/2009/01/samsungs_uvendi.php

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

B-17が飛ぶ秋空



09-09-21 Wings  Wheels



ニュージャージー州・テターボロ空港(Teterboro Airport)で、年に1度の"Wings & Wheels Expo" があった。

第二次世界大戦で活躍した航空機やクラシック・カーが集合するイベントで、好天も手伝い多くの家族連れで賑わっている。さすがアメリカ、この手のイベントはごく普通で夏の間は各地で開催されている。

展示されている航空機は、F4コルセア戦闘機、TBFアベンジャー雷撃機、C-47輸送機、B-17とB-25爆撃機などなど‥。プラモデルでしか知らない機体を生で見ることができて感動する。もちろんココまで飛んできた訳で、ミシガン州のヤンキー航空博物館などで動態展示されているものである。さらに、B -17は誰でも425ドル払えば30分の遊覧飛行が楽しめるそうだ。実際どれだけの人が乗ったかは不明であるが。

クラシック・カーは、62年型キャデラック・クーペやエドセル(Edsel)など「翼」の生えた巨大クーペが鎮座していて、どれもピカピカに磨かれている。いずれにしても強いアメリカの技術が結集されたものを綺麗に動くように保存している態度がスバラシー。

古き良き時代への郷愁と言えばそれまでだが、アメリカ人のモノや技術に対する畏敬の念はタダモノではないということがよく判る。

Teterboro Airport
http://www.teb.com/airports/teterboro.html

Aviation Hall of Fame & Museum of New Jersey
http://www.njahof.org/

B-17 Flying Fortress (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/B-17

B-25 Mitchell (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/B-25_Mitchell

C-47 Skytrain (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/C-47_Skytrain

TBF Avenger (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/TBF_Avenger

F4U Corsair (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/F4U_Corsair

Yankee Air Museum
http://www.yankeeairmuseum.org/

テターボロ空港はココ。
http://tinyurl.com/3yrkmg3

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

AREAWAREのポップアップショップ



09-09-16 AREAWARE


ポップアップショップついでに‥‥。ポート・オーソリティ・ターミナルの一角にAREAWAREの店舗が8月中旬から一箇月だけオープンしていた。

SOHOに拠点を置き、優秀なデザイナーとのコラボレーションによる独自開発商品や他のデザインレベルが高い商品を厳選して販売している。ギフトショーなどでも優れたデザインショップとしておなじみで、そのギフトショーの開催に合わせの店舗である。

いかにも仮の店舗という感じで、店内には全く手が入っていない。メインのバスターミナルなので通行人の数は半端ではないにもかかわらず、客はほとんどいない‥‥。多くは1ブロック南の42丁目か地下鉄駅から直接入るので実際には人目に付いていないのかもしれない。

このご時世、いいデザインに金を使おうとする人はなかなかないのは承知の上である。それでもデザインのパワーを信じることにしよう。

Areaware
http://www.areaware.com/

CORE 77の記事
http://www.core77.com/blog/events/areaware_popup_shop_design_to_go__14342.asp

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

ロウェンタのアイロン


09-09-15 Rowanta Shop

ロウェンタ社(Rowenta)のポップアップ・ショップが、ニューヨーク市立図書館前にオープンしていた。(ポップアップ・ショップとは、宣伝目的で短期間だけ店舗を開店させること。)

図書館前裏のブライアント・パークで、9月10日から開かれたニューヨーク・ファッションウィーク公式の「衣類お手入れ会社」になっているため、それに合わせて9月中だけのスペシャルショプである。

トースターやコーヒーメーカーなどのアプライアンスと共にアイロンがよく知られている。「エクストリーム・アイロン掛け」のスポンサーになっているだけあって、アイロン掛けにはウルサイ‥‥。

ドイツのメーカーとして、バウハウスの流れを汲んだそのデザインはシンプルかつ機能的でやはりアメリカのものとは一味違う。作りもしっかりしていて可動部のクリック感も気持ちいい。

しかし価格が高いため、その良さを認めても購入するのは一部に限られる。それでもプロに認められる製品としてブランドを浸透させようということだろう。

Rowenta USA
http://www.rowentausa.com

Rowenta
http://www.rowenta.com/

Extreme ironing (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Extreme_ironing

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

10連アーチのニコルソン橋



09-09-10 Nicholson Bridge

ペンシルバニア州・スクラントンの北25kmのニコルソンに、10連のアーチを持った高架橋がある。遠くから見ると規則正しいアーチの連続が美しく、近づくとその迫力に圧倒される。

正式名称は、Tunkhannock Viaduct(ツンカーノック高架橋)であるが、それよりもニコルソン橋(Nicholson Bridge)としてよく知られている。

1915年にできたコンクリート製の高架橋で、多くの高架橋があるラカワンナ鉄道の中でも最大のものである。アメリカの歴史登録財になっているが、橋としては現在もしっかり機能しており、スクラントンの鉄道博物館からここまで来る蒸気機関車のツアーもある。

20世紀初頭の強いアメリカの象徴のひとつと言えるだろう。

Nicholson, PA
http://www.nicholsonbridge.com/

Tunkhannock Viaduct (known as the Nicholson Bridge) (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Tunkhannock_Viaduct

ニコルソン・アーチと北東ペンシルヴァニアの鉄道構造物
([アメリカ調査旅行ホームページ)
http://explorer.road.jp/us/railroad/lackawanna/structure/nicholson.html

グーグルマップではココ。
http://tinyurl.com/234mnw6

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

ビッグボーイ とスティームタウン



09-09-09 Scranton

ペンシルバニア、スクラントン(Scranton)にあるSteamtown National Historic Site (スティームタウン国立史跡)へ行ってきた。

都市間鉄道が衰退してしまった今のアメリカでは、もはや鉄道は歴史上のモノになっている。ここでは、かつてアメリカ大陸交通の王者だった蒸気機関車を収集・修理・メンテナンスをして実際に走らせている。

また蒸気機関車の後、ディーゼル時代のアメリカを代表するEMD Fシリーズ・ディーゼル機関車も展示されていて、子供のころ憧れたアメリカの鉄道に会うこともできる、

良質な無煙炭の産出地であったこの地方からの輸送手段としてニューヨークやバッファローまでの鉄道が敷設された。そのデラウェア・ラッカワナ・ウエスタン鉄道(Delaware, Lackawanna & Western Railroad)の鉄道ヤードが転車台を中心とした博物館として開放されている。

入り口近くには、ビッグボーイ (Big Boy) の愛称で知られている、ユニオン・パシフィック鉄道4000形蒸気機関車が鎮座している。さすがに動かないが、4軸動輪の蒸気機関車を2台繋げたようなその長さと力強さに圧倒される。

アメリカの蒸気機関車は、日本やその他国では当たり前の「除煙板(Smoke deflectors)」を装着していない。効果に懐疑的だったらしいが、それがアメリカ的外観の特徴になっているのが面白い。

インダストリアルデザイナーが関わる前の(関わらないからこその)生な機能美がそこにある。

Steamtown National Historic Site (Official NPS website)
http://www.nps.gov/stea/index.htm

Union Pacific Big Boys
http://www.steamlocomotive.com/bigboy/

除煙板 (ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%A4%E7%85%99%E6%9D%BF

過去記事: 蒸気機関車の「機構美」 (06/05/3)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-44.html

グーグルマップで、ビッグボーイ はココ。
http://tinyurl.com/23zy4ez

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

障害を持った子供たちのためのデザイン



09-09-06 Adaptive Design

マンハッタンのミッドタン、36丁目にアダプティブ・デザイン協会がある。

ここは障害を持った子供たちのための製品開発、トレーニングやアドバイスを行っている非営利団体である。

以前からアメリカの学校風景では障害を持った子供がいるのは当たり前で、テレビ番組でも何人かの子供たちがいる場合、人種的バランスを考慮するのと同様に身体障害児がメンバーにいることはごく普通のことだ。

そのような環境で、身体障害児それぞれの障害の度合いに合わせてカスタマイズされた機材のデザインを通して病院や学校での生活に適合できるように支援している。

また機材を単に低価格でデザインするだけでなくワークショップを開催し、いっしょに作ったりすることにより、周りの理解と支援が効率的に受けられるように活動している。正しい「デザイン」の姿がここにある。

Adaptive Design Association, Inc.
http://www.adaptivedesign.org/

Adaptive Design Association (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=6ca-GLusCFU

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

黒いトマトだからクマト!?


09-09-05 Kumato

ヨーロッパでは以前からある「クマト(Kumato)」が最近アメリカでも販売され出したので食べてみた。これもプロダクトデザインということで‥‥。

トマトのプレミアム・ブランドとして開発されたその暗い赤緑色の外観は、あまり旨そうに見えないが、食べて見るとフルーティで濃厚な味は結構イケる。皮がちょっと厚くて硬いのがちょっと気なる。目立つ外観デザインも狙ったものか?

「クマト」はスペインの栽培者が、スイスに本社がある世界的アグリビジネス企業である「シンジェンタ(Syngenta)」のために開発したそうで、元々はガラパゴスにあった種類が基になっているという。

ヨーロッパでは数ヶ国で作ってるようで、現在は北アメリカでも栽培され出して買ったものは、カナダのMastronardi Produce によるものだった。

名前については、公式サイトに載っていない。いろいろ探してみると、「クマト」は日本語の黒+トマトだという文章をいくつか見つけたので、やっぱりそうらしいが確証はない。ついでに言うと、英語でも「クメィトゥ」じゃなくて「クマト」と発音するそうだ。

値段は普通のトマトの倍近い‥‥、普通のトマトに比べてものすごく旨い訳でもなく、この価格ではキビシイと思うが「プレミアム」に弱い人達にはウケるかも。

Kumato の公式ページ
http://www.kumato.eu/

Mastronardi Produce のKumatoのページ
http://sunsetbranding.com/product/speciality/kumato-tomato

Kumato (Wikipedia スペイン語)
http://es.wikipedia.org/wiki/Kumato

Syngenta
http://www.syngenta.com/en/index.html

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

メイタグの業務用洗濯機・乾燥機



09-09-03 Laundry

住んでいるコンドミニアムの洗濯機と乾燥機が変わった。

以前の機器にそれほど不満があった訳ではないが、更新時期が来たらしく共用 ランドリールームの管理会社が、Mac-Gray に変わって設備も全て新しくなっ た。その洗濯機と乾燥機はメイタグ(Maytag)社製で、料金もしっかり25セント上がってしまった…。

メイタグは、買収合戦の末ワールプールが勝利してその1ブランドになったのだが、その他のブランドとの住み分けもまだはっきりしていないようである。

業務用洗濯機・乾燥機は思い切りは板金でできていて、使い方が荒いア メリカ人相手だから当然ながら無骨なデザインである。しかし以前が本当にタダの鉄のハコだったことを思えば、これでも少しはよくなったように見える。

クリック感のない押しボタン、プリペイドカードを入れて10秒後に自動でスタートするシステムは今ひとつしっくり来ない。また一度スタートしたらドアがロックされ開かなくなるのだが、洗い物を追加できないのは問題ではなかろうか?怒ったアメリカ人に壊されないことを願うばかりだ。

洗浄能力はもちろん向上しているのだろうけど、インターフェースについては疑問が残る。もちろんこれもすぐ慣れてしまうのだろうけど。

Maytag
http://www.maytag.com/

Maytag Commercial Laundry
http://www.maytagcommerciallaundry.com/

Mac-Gray
http://www.macgray.com/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。