プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ドル小切手


12-01-23 Staples Cuipon

先月、事務機、文房具、オフィス用品の大型チエーン店であるステープルズから3ドルの小切手が送られてきた。

最初は何か判らなかったが、そ~言えばその2ヶ月前にステープルズ・ブランドのプリンター用紙を買ったことを思い出した。でも何の書いてないの一応確認するとやはりそうであった。

最近は銀行へ行く必要がないし、3ドルのためにわざわざ行くのも面倒なのでそのままにしていた。しかしここのまま無駄にしてしまえばそれこそ敵の思うツボなので無理して入金してきた。

その場で割引かないで郵送料を払ってまで後から小切手を送るとは、キャッシュフローとして有利だからか?それともやはり不使用率がかなり高いということか?

http://www.staples.com/


スポンサーサイト

サムスン・エクスペリエンスが閉店


12-01-21 Samsung Experience

コロンバス・サークルのタイム・ワーナー・センターにあるサムスン・エクスペリエンス (Samsung Experience) が閉店していた。

販売店じゃないから閉店とは言わないか?でもとにかく去年の12/31にクローズした。

サムスンの情発発信基地として新製品発表などのもちろん、様々なイベントが行われてきたショウルーム、2004年の開設時から環境が変わったという。

「サムスン」ブランドの浸透という意味では十分過ぎる役目を果たしたのだろうけど、儲かってるのに閉めるの不思議とも思えるが、無料ネットや家電店にない商品を触れる貴重なな場所だっただけに自分にはちょっと辛い。サムスンの小売チェーンを展開するのではという話もあるが果たしどうか。

それにしても大家のタイム・ワーナー・センターにとっては階下のボーダーズの閉店に続いての大型テナントの撤退で集客に大きな影響があるのは間違いなく頭の痛いところだろう。

Samsung USA
http://www.samsung.com/us/

The Shops at Columbus Circle
http://www.theshopsatcolumbuscircle.com/
 
過去記事:ニューヨークで異業種交流会(11/05/13)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-569.html

過去記事:ニューヨークのパブリックビューイング?(10/07/03)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-474.html


ラスベガスの有名なトイレ


12-01-20 LVH Restroom

LVH-ラスベガス・ホテル&カジノ(旧ラスベガス・ヒルトン)に以前からある有名な男子トイレ。ホテルの名前は変わったけどココはもちろん変更ない。

女性用はフツーらしい‥‥。しかし最近の高級ホテルのトイレは豪華になっているのでそれに比べるとさすがに古さは否めない。

The LVH - Las Vegas Hotel & Casino
http://www.thelvh.com/


チャイナマネーを熱烈歓迎


12-01-19 Las Vegas-1 12-01-19 Las Vegas-2 12-01-19 Las Vegas-3

春節(旧正月)を1週間後に控え、中国人観光客を迎えようと高級ホテルのディスプレイが例年になく華やかだ。今までやっていなかったようなところも派手なドラゴンでアピールしている。

ここでもやっぱりチャイナマネーが頼みの綱であるという世界経済を垣間見ることができる。

そして高級ホテルばかりで、中級以下のホテルでではほとんどやってないというところがミソ。

中国人の人権なんかどーでもいいからカネ持って来いってことである。

Chinese New Year: Dining and events guide (Las Vegas Sun の記事)
http://www.lasvegassun.com/news/2012/jan/23/chinese-new-year-guide-dining-and-events/


旅行者を気にしない(?)ウォルグリーンズ


12-01-18 Walgreens Palazzo

ラスベガスのストリップ沿いにある4店舗のウォルグリーンズの中でもショバ代が一番高そうなパラッツォ1階の店。でも店内は他の店と同じで豪華さは全くない。

で、旅行用の小型シャンプーを買おうと思ったのだがなかなかない。聞いてみるとシャンプーなどとは関係ない奥の一角が旅行用小型品コーナーになっていた。

旅行者が多く来るのだからもっと入り口付近にでもドカンと並べりゃいいのに、そこにはしょぼいお土産の類ばかり‥‥。

誰を相手にしているのかちょっと判らないウォルグリーンズである。

Walgreens
http://www.walgreens.com/


ウォルグリーンズが増殖中


12-01-17 Las Vegas New Walgreen

ラスベガスのストリップ沿い、プラネットハリウッド・ホテル横の新しいビルの1階に新しいウォルグリーンズがオープンする。

ストリップ沿いにはすでに4店あって、これが5店目。場所代が高くて観光客ばかりのここにドラッグストアがこんなにあっていいのかちょっと不思議。お土産の品揃いは少ないし、ホテルの売店よりは安いとは言え、観光客がそれ程日用品が必要なのか疑問‥‥。

ホテルの従業員がここの薬局部門を使うとも思えないので、アメリカ中から来る観光客の処方箋薬を扱うということか?

Walgreens
http://www.walgreens.com/


テキサスの風力発電所


12-01-15-L-38.jpg 12-01-15-R-31.jpg

CESのためにラスベガスへ行って来た。

飛行機に乗る場合、日本との往復以外は外を眺めたくて北側の窓際に座ることにしている。特徴的な場所の写真を撮って後でグーグルマップで航路を検証するのが楽しい。

今回のラスベガス行きは料金優先のため直行便でなくヒューストン経由となった。シカゴやデンバー経由の方が早いがこの時期は雪でダイヤが乱れることがあるので南へ逃げたのだ。

で、ヒューストンからラスベガスへ向かう途中、ぼ~っと下界を眺めていたら大量の風力発電所が現れた。以前もテキサスやニューメキシコを走っていて風力発電所を見かけたが、上空から見るとその規模の大きさに驚かされた。

テキサスと言えば石油であるが、実は風力発電でもアメリカ最大の規模となっている。

テキサスで風力発電が急拡大したのは、風が強く、土地が安いという理由の他、送電設備は発電業者が負担しなくてもいいような州の普及拡大を目指した施策の結果だという。石油が出るからこそ石油以外のエネルギーに注目しているということだ。

家電のショーの行く途中に、その基本エネルギーについて勉強させられた次第である。

左写真の場所は、http://g.co/maps/9yd2z

右写真の場所は、http://g.co/maps/n8jgx

Wind power in Texas (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Wind_power_in_Texas


あけおめ&RUN


12-01-01 Midnight Run-1 12-01-01 Midnight Run-2 12-01-01 Midnight Run-3

暖かいので、久々にセントラルパークで1月1日午前0時の花火と共にスタートする「ミッドナイト・ラン」を走って帰ってきた。

十数年振りの参加で、規模が巨大になっているのに驚いた。でもやっぱり仮想コンテストのダサいレベルは変わらない。

途中の給水所じゃなくて給シャンペン所で皆と新年の乾杯するのがお約束。でも今はノンアルコールになっている。以前は本物だったのに‥‥。確かに未成年も走ってるし、いちいちID確認できないし、このご時勢キビしくなっている。

http://nyrr.org/
New York Road Runners


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。