プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレッダーの安全性についての警告

20060826125359.jpg

シュレッダーの事故、デザイナーにとって大きな教訓としなければならない。

国民生活センターなどにこの10年で4件、子供が指を挟まれるなどしてけがをした事故の報告が寄せられているが、アメリカでのこの種の事故について調べてみると、CPSC (Consumer Product Safety Commission =消費者製品安全委員会)が今年、ペーパーシュレッダーの安全性についての警告を出していた。

それによると2000年1月から2005年9月の間に、50件の指の切断、裂傷などの報告がされており、その多くが5歳以下の子供だという。アメリカでもかなりの数の事故があることが判る。子供は大人のマネをするのが大好きだ。シュレッダーなんかあれば自分でやってみたいと思うに決まっている。

近年、ホームオフィスが当たり前になり、シュレッダーに限らず業務用機器が家庭で使われることが普通のことである。2歳児が使うことは想定していないというのは言い訳にならないのだ。

CPSC (Consumer Product Safety Commission)]
http://www.cpsc.gov/

ペーパーシュレッダーの安全性についての警告 (PDF)
http://www.cpsc.gov/CPSCPUB/PUBS/5127.pdf

CBSニュースの記事
http://tinyurl.com/podpk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、始めました。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/100-a91b03e4

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。