プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人名付きが好き

20060915051931.jpg

USオープンテニスが開かれているナショナルテニスセンターの名前がビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンターになった。彼女の功績を考えると当然であるが、アメリカは(ヨーロッパも)人名を付けるのが好きだ。

ナショナルテニスセンターのセンターコートはアーサー・アッシュ・スタジアムであることは納得するが、元のセンターコートがルイ・アームストロングであることの由来はちょっと判らない。

大統領や市長、その他功績のあった人の名前を公共施設や通りに冠することが非常に多く、特にJFK空港やラ・ガーディア空港のように空港のほとんどには人名が付いている。欧米で個人名を付けるのはキリスト教で聖人名を教会に冠したものが起源らしいが(それ自体、その前のローマ時代に教皇などの実力者の名前を付けていたことの影響かもしれない)、これも個人主義の表れか?

日本でも最近、高知空港に坂本龍馬の名を付けたが評判はどうなのだろう?どうも日本人には個人名を冠することに抵抗があるようだ。そういう奥ゆかしさが日本人のいいところだと思うが、最近は変わってきているのかもしれない。

ビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンター
http://www.usta.com/about_us/ntc/default.sps

高知龍馬空港
http://www.kochiap.co.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、始めました。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/102-380489ec

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。