プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク・ スワンナプーム国際空港

20061027070056.jpg

バンコク・スワンナプーム国際空港
Suvarnabhumi Airport, (New) Bangkok International Airport

またまたしくこく、空港モノ‥‥。

カンボジアへ行くのにバンコク経由となり、クーデターの中で開港したばかりの新空港を体験することができた。

ヘルムート・ヤーンによるターミナルはタイムトンネル(古い!)のような楕円断面を持つ7つのコンコースでできており、ゲート付近は大変明るく開放的である。巨大空港であるが、ターミナルはひとつで国内線・国際線とも全て同じターミナルで乗換えが可能だ。ただその大きさ故に移動も大変で、サインもまだ完全でなく、従業員も慣れていないため戸惑うことも多々あった。しかし、4階のショッピングエリアはとにかく長く、多くのブランド店や高級ブティック、レストランが延々と続いている様は圧巻である。また時間によって伝統芸能なども披露され、利用者たちを飽きさせない。やはりターミナルはひとつの方が、航空会社による運不運もなくスッキリして気持ちがいい。因みに7階には展望デッキがあるようだ。

ターミナルビル自体は完成してから1年以上経っており、メンテもあまりよくないようで、ガラスの汚れが目立つのにはちょっとがっかりさせられた。また、バゲージのハンドリングもひどいらしく、出てくるのに数時間待たされるという話もある。今回は、ここを経由してシェム・リアップへ行ったのだが、予想通りバゲージは次の日まで来なかった‥‥。

このあたりのソフトは今後改良されていくことだろうし、まさに東南アジアのハブ空港としての位置付けがはっきりした巨大空港と言えるだろう。

タイ国政府観光庁による案内
http://www.tatnews.org/tourism_news/3033.asp

タイ国際航空による案内
http://www.thaiair.co.jp/special/nbk/index.html

スワンナプーム新バンコク国際空港 徹底ガイド
http://www.bangkok-busmap.com/suvarnabhumi/

グーグルマップではココ。
http://tinyurl.com/297fu3q

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/111-faa20f9a

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。