プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋の袂で考える

20061102021451.jpg

8月にボストンの「ビッグ・ディグ」の現状を見てきたので、やはり日本橋を訪れなくてはなるまい。

改めて日本橋に来て、高速道路高架の存在感に圧倒される。ただ初めて訪れたときからあったので、ひどいとは思いながらも、これがなくせるということをあまり意識していなかったように思う。しかし、ボストンでの変化を体感してここに立つと、この高架がなくなったときの開放感を現実のものとしてイメージできる。

「取り戻す会」の提案のような「江戸」の一部がここに再生されるとすれば、すばらしいと思う。実際は財源の問題になる訳だが、企業や個人からどれだけの寄付が集められるかだろう。まさに「価値観」が試されるということだ。

橋の袂にたたずんで。小さな青空を見上げながら、時間はかかるが必ず達成すべき課題のひとつであると確信した。

日本橋川に空を取り戻す会
http://www.mlit.go.jp/nihonbashi/

過去記事:ビッグ・ディグが完了間近 (06/08/08)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-93.html

グーグルマップではココ。
http://tinyurl.com/2vhpue5

首都高建設中の日本橋(goo地図 左上の「昭和38年(東京23区)」をクリック)
http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E139.46.40.106N35.40.51.090&ZM=12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/118-cd961bc9

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。