プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CES 2007 その1

20070115001038.jpg

CES (Consumer Electronics Show) のため、 ラスベガスに来ている。

2日目の9日の午後から入ったのだが、コムデックスがなくなってコンピューター関連企業もこちらに参加するようになったこともあり、すごい人である。ひょっとすると、サンフランシスコでのマックワールドエクスポとの掛け持ち組が前半に集中しているせいかもしれない。

数年ぶりに訪れたその会場は、中国企業のパワーの勢いに圧倒されている。特にプラズマやLCDのディスプレーメーカーの多さには驚かされる。そして画質も悪くない。日本や韓国メーカーの製品と並べて比較すれば違うのだろうが、一般人には十分受け入れられるレベルだと思われる。シャープなども増産するようだ が、この分野益々競争が激しくなってきている。

デザインについては、以前に比べてモノマネ商品が少なくなってきたように感じられた。ヒルトンホテルの小ブースにはまだまだソックリ製品が並んでいるが、全体として独自性を出そうとしていることが判る。これは中国などでもデザインの重要性が認知され、国内のデザイナーの質と量が格段に上がっていることの表れだろう。また小さな企業でもデザインでアピールしているところも少なくない。まさに70~80年代にアメリカのデザインが日本に席巻されたことが、今は日本に起こってきていることが実感される。

新製品や新技術については多くのニュースなどに載っているので、次回からは他であまり取り上げられていないデザインについて感じたことをレポートしたい。

http://www.cesweb.org/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/155-ec06ea84

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。