プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジソンの地元でも白熱電球禁止!?

20070214021846.jpg

写真は、 ニュージャージー州、エジソンにあるトーマス・エジソン記念塔と博物館。

カリフォルニア州、コネチカット州に続いてニュージャージー州でも、Larry Chatzidakis 議員により「白熱電球禁止法案」が提出されようとしているそうだ。全米のいくつかの州で広がっているが、エジソンの地元であるニュージャージー州でも例外ではないようだ。(厳密には白熱電球の発明はエジソンではないが、事業化に成功させたということで‥‥。)

125年前から原理的には変わっていない白熱電球のエネルギー変換効率は約5%と大変悪く、それを蛍光灯型電球に替えていこうということだ。確かにアメリカの家庭では、キッチンや洗面所など以外はまだまだ白熱電球が多く使われている。実際、蛍光灯型電球の効率のよさをアピールするテレビコマーシャルもよく やられているが、発色のイメージの悪さもあり、エネルギーの安いアメリカではそれほど浸透していない。

ブッシュ大統領の心変わりもあって、今後アメリカでも環境・エネルギー関係の動きが一気に活発になってくるかもしれない。

因みに、ここにはエジソンが蓄音機を発明した世界初のR&D研究があったところ。研究所の建物は現在はデトロイト郊外ディアボーンにあるヘンリーフォード博物館のグリーンフィールドビレッジに移築されている。その跡地に電球を模した記念塔と小さな博物館が建っている。博物館は小規模でたいしたことはないが、こういうところで蓄音機ができたんだな~と感慨に浸ることができる。

なお、国立歴史サイトに指定されているウエストオレンジの研究所は現在、改修工事中のため閉館しており、いつオープンするかは定かではない。

スターレジャーの記事
http://www.nj.com/starledger/stories/index.ssf?/base/news-6/1171345766213500.xml&coll=1

トーマス・エジソン記念塔とメンロパーク博物館
http://www.edisonnj.org/history/tower.asp

グーグルマップのトーマス・エジソン記念塔はココ。
http://tinyurl.com/258pud9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/179-06388a18

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。