プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北アメリカのナスカ」で村起こし!?

20070320113402.jpg

「地上絵」と言えばペルーのナスカだが、北アメリカにもそれには匹敵しないけれど、ある。

カリフォルニア州の端、アリゾナ州との州境近くでハイウェイから15マイルほど入った荒涼とした大地に横たわる「ブライスの地上絵」 (ブライス・インタリヨ=Blythe Intaglios=直訳すると「ブライスの沈み彫り」)がそれだ。

オハイオ州にある地上絵は土を盛ったマウンドだが、こちらは地面を浅彫りしたもので、ペルーのそれと同じである!

一応案内板があるので、中に入って未舗装道路を走り、(そのためにジープをレンタルしたのだ!)そこから地上絵まで歩いていくことになる。金網で囲われたその地上絵は、う~ん、小さい‥‥。でも空からじゃないと全貌が判らないという意味では立派な「地上絵」であることには間違いない。因みに最大の人間の絵は身長176フィート(54m)あるそうだ。

1930年代に発見された地上絵の制作年代はよく判っていないようだ。ここで見ることができるのは3箇所、5つの地上絵だけだが、全部で200以上もあるという。

アメリカ人でもここのことを知っているに人はまずいないが、去年からJTBがセドナ絡みのツアーに組み込んだので、日本での方が有名になるかもしれない。 JTBは地元に「展望台を作ってください」とお願いしているらしいが、町はあまりやる気がないらしい。で、メジャーになる前にと訪れたが、この規模で「村起こし」にはちょっと厳しいか‥‥。しかし北アメリカではかなり稀有な遺跡であるし、民間の鍾乳洞なども多くあるので、やり方次第という気もする。

日本ならしっかりみやげ物屋が並ぶところだろうが、個人的にはこのまま人知れずにマイナーな存在でいて欲しいと願っている。

Geoglyphs of the SW Desert
http://ronkilber.tripod.com/geoglyphs/SWAviator.htm

Blythe Intaglios, A Photo Gallery
http://www.jqjacobs.net/southwest/blythe.html

Blythe Intaglios
(Bureau of Land Management, U.S. Department of The Interior)
http://www.blm.gov/az/yfo/intaglios.htm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


グーグルマップで見るとこんな感じ。
http://tinyurl.com/2wfp7qh

オハイオ州にある地上絵「サーペント・マウンド」
http://tinyurl.com/zoajt

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/198-7d989483

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。