プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク・モーターショーとアメ車のデザイン

20070416102517.jpg

写真下左は、フォード・ファイブ・ハンドレッド。
写真下右は、「赤い」ダッジのブース。

遅ればせながらニューヨーク・モーターショーへ行ってきた。週末だったので、すんごい人‥‥。しかし日本のモーターショーに比べれば大したことはない。

アメリカ車不振の原因のひとつに「デザイン」が上げられているが、相変わらず「過去の栄光」を追い求めてレトロなデザインに走るぐらいしか打開策が見えず、マーケティング部門の言いなりになって、結果としてつまらないデザインしか創れなくなっている。特にフォードは「ファイブ・ハンドレッド」のようにほとんど認知されないまま消えていくモデルに代表されるように、方向性を見い出せないでいるようだ。最近面白いクルマを次々と出しているマツダとは真に対照的である。

買収が取り出されているクライスラーはダイムラーとの合併後、よりアメリカンなデザインを明確にし、ブランド・アイデンティティーの構築としては成功しているようにも思えるが、「クライスラー」ブランドそのものが悪いイメージになってしまったら逆にそれが全体のイメージ悪化に繋がってしまっているのかもしれない。日本でのダッジの健闘を祈るばかりだ‥‥。

アート・センター・スクールなどのような優秀なデザイン教育機関の卒業生がアジアやヨーロッパのメーカーで活躍するとは皮肉なことである。デザインによってマーケットを創り出していくという「デザイン・オリエンテッド」な開発体制が必要なのは判っていてもなかなかできない、そこが問題なのだろう。

New York International Auto Show
http://www.autoshowny.com/

ビジネスウィークの記事 "Detroit Needs Design"
http://tinyurl.com/yu7ao4

去年の記事
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-19.html

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/209-a8342246

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。