プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボカ・ラトン ・リゾート & クラブ

20070518205900.jpg

アメリカ人の憧れの地ボカ・ラトン、その最高峰が全米屈指の5つ星リゾートとして有名なこのボカ・ラトン・リゾート&クラブ(Boca Raton Resort & Club)である。

あまりリゾートには縁がないが、知人の結婚式がこの近くであったので、思い切って有名なここに泊まることにした。とは言っても一番安い$180ぐらいの部屋であったが‥‥。

マイアミから北へ1時間程ドライブしたところにあるボカ・ラトン(Boca Raton) 、その一画の広大な敷地にボカ・ラトン・リゾート&クラブとなっている。

ピンクのお城のような玄関に到着するとそこは高級車の展示場と化していて、ベンツやBMWは当たり前、ロールスロイス、フェラーリがところ狭しと並んでいる。やはりネオンなんかで来てはいけなかったらしい。(ただこれはわざと高級車を玄関前に停めているようで、裏の駐車場にはフツーの車がが沢山停まっているので大丈夫。)

ロビーは天井が高く、アンティーク家具や屋内の噴水がゴージャス感を醸し出している。そして2つの18ホールのゴルフコースと30面のテニスコート、5つのスイミングプールがあって一年中楽しめる豪華リゾートとなっている。

ここで有名なのが、教会のような「カテドラル」という部屋での「世界一の朝食バフェ」。アメリカなのに何かヨーロッパのような雰囲気で、さすがにウマイ!

デザインは Addison Mizner。彼は正式の建築教育を受けておらず、図面を引けなかったという。サンフランシスコやニューヨークで活動し、その後病気をしてフロリダのパー ム・ビーチに引っ越した。そこでスパニッシュ・コロニアル・リバイバル・スタイルの住宅を多く設計、そしてボカ・ラトンへ引越して理想のリゾートを目指して自ら開発したのが、このリゾート&クラブである。

スペイン風とメキシコ風が合わさったトロピカルな雰囲気で、アースカラーのタイルやを自然な風合いの素材を用いてナチュラルな外観に仕上げ、ひとつの完成された様式美を作り出している。

オフィシャルサイト
http://www.bocaresort.com/

Addison Mizner (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Addison_Mizner

Addison Mizner Boca Raton Home
http://www.suzyandewald.com/House1.html

Most Important Floridians of the 20th Century の記事
http://www.theledger.com/static/top50/pages/mizner.html

Spanish Colonial Revival Style architecture (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Spanish_Revival

グーグルマップのココ。
hhttp://tinyurl.com/2abx3gz

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/227-aa0c9443

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。