プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残された90%のためのデザイン

20070621222106.jpg

五番街にあるクーパー・ヒューイット美術館の庭では、"Design for the Other 90%" という展示が行われている。

現在の社会では、従来からの「衣・食・住」に加えて、「医・職・教」が必要である。そしてそれらをちゃんと享受できているのは世界の10%に過ぎないという。

今まで多くのデザイナーは、その裕福な10%の消費者しか見てこなかった。この展示では、残された90%の人のためのデザインの必要性とその実践をSHELTER, HEALTH, WATER, EDUCATION, ENERGY, TRANSPORTというカテゴリーに分け、それぞれまたはいくつかを関連付けた実践例を紹介している。

ソーラークッカーや簡易浄水器から100ドルパソコンまで多種に渡るデザインが並んでいるが、展示はモノと簡単な説明だけで、固定されているものも多い。どのように使って、どう活用されるのかがイメージできないものもあった。ウェブサイトを見た方が個々については理解できるように思う。

厳しい条件の中でモノをカタチにするという、デザイナーの基本的能力はこの分野でも十分発揮できる訳だが、これがビジネスとして成り立つシステムをデザインしていく必要があるだろう。

裕福な10%の中のさらに0.数%であるミリオネアしか住めないようなアッパーイーストサイドの高級住宅街で、このような展示がされるところはいかにもアメリカ的と言えるかもしれない。

"Design for the Other 90%"
http://other.cooperhewitt.org/

Cooper-Hewitt National Design Museum
http://cooperhewitt.org/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/233-ec0e30a0

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。