プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク地下鉄の可動式ホーム


08-01-22 Moving Plathome

ニューヨークの地下鉄、ユニオンスクエア駅の4、5、6番ラインの南行きが発着するプラットホームの一部は可動式になっている。写真の"STAND LEAR”は"STAND CLEAR”の"C"が取れてしまっているもの。

このホームは急カーブに掛かっているため、列車とホームの間にかなり大きな隙間ができてしまう。それを埋めるための解決策がこの可動式プラットホームである。元々片側2ドアの車両だったので隙間はできなかったのが、中央にもドアのある車両の導入により問題が発生したということだ。

日本でもカーブに掛かったプラットホームは多くあるように思うが(昔、渋谷駅で隙間に人が落ちたのを目撃したことがある)、このような仕掛けはあるのだろうか?

列車が到着してドアが開く前に、櫛歯状になったギャップ・フィラー(Gap Filler)がせり出して列車とホームの隙間を埋める仕組みである。どのようなシステムになっているのかよく判らないが、ホームの手前のセンサーが列車を感知して作動しているようだ。列車が出発するときは、車両の側面でギャップ・フィラーの先端部分にあるローラーを押して戻すようになっている。

可動部分は、黄色く色分けされ、”STAND CLEAR(離れて立て)”の表示があるだけだが、混んでいないこともありここに立つ人はいない。しかしここもハイヒールの踵などが挟まれる可能性(ニューヨークでハイヒールを履いて歩く人はいないけれど‥)もあるわけで、「自己責任」のアメリカだからいいが、日本では問題になるかもしれない。

ニューヨークの地下鉄路線は結構カーブが多いが、実際プラットホームがカーブになっているところはそれ程多くない。調べてみると、この駅以外では1番ラインのサウス・フェリー駅やタイムズ・スクエア駅などにあるらしいが、気が付かなかった。今度見てみよう。

14th Street Union Square Subway Complex
http://community-2.webtv.net/pkronenberg/14thStreetUnion/page2.html

Gap filler (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Gap_filler

「カーブ区間にプラットホームがある駅」:コトノハ
http://kotonoha.cc/no/95440

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/304-d2ab4ce2

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。