プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルックリンのグリーン・ハウスと日本式(?)バスルーム


08-02-28 Greenbelt Brooklyn

ブルックリンで、環境にやさしいい最新の「グリーンな住宅」のオープンハウスがあるというのでちょっと見てきた。

地下鉄Lラインでブルックリンに入って3番目、住宅街の中にある Graham Ave駅から少し歩いたところで、グリーンベルト(Greenbelt)と名付けられた新しいコンドミニアムが建築中である。

環境に対応して、サステナビリティを考慮した建築材やハードウエア類を使うことにより、40%の省エネと30%の節水を実現することができ、ブルックリンの住宅として始めて、U.S. Green Building Councilによる LEED (Leadership in Energy and Environment Desig)として認定された。また、NYSERDA (New York State Energy Research and Development Authority)のモデルケースとして指定されている。

屋上にソーラー・パネルがあること以外、どうやって省エネ化しているのかは、壁材や窓、機器類が環境対応製品だということだが、一見してはよく判らない。空調もセントラル・システムだし、省エネ・環境対応と言っても今までのライフスタイルは変えないところがアメリカらしい。

トイレの水洗が2種類あって大小使い分けることができるっ!とさかんに自慢しているのが印象的であった。

面白いのはバスルームで、バスタブの横がシャワー・スペースとして日本のような洗い場になっており、しっかりヒノキの椅子とスノコが置かれている。これが省エネ・節水に効果があるのかどうかは聞きそびれたが、他では見たことがない。ひょっとしてこれから流行るのかも。因みにその椅子とスノコはサウナ用のものだ。

「グリーン住宅」がステータスになるという、昔のアメリカでは考えられないことが実際に起こっている。

greenbelt
http://www.greenbeltbrooklyn.com/

aptsandlofts.com(不動産会社)
http://www.aptsandlofts.com/

U.S. Green Building CouncilのLEEDのページ
http://www.usgbc.org/DisplayPage.aspx?CategoryID=19

New york State Energy Research and Development Authority (NYSERDA)
http://www.nyserda.org/

Smartflush System
http://www.smartinnovation.com.au/about.html

Hinoki Wood Sauna Stool (vivaterraのヒノキの椅子)
http://tinyurl.com/359csu

グーグマップではココ。(361 Manhattan Ave, Brooklyn, New York 11211)
http://tinyurl.com/33ndl9k

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/318-8766c31c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。