プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDLPのウォルマート

20060608075657.jpg

昨日、ターゲットを取り上げたので今日はそのライバルのウォル・マートについて。

言わずと知れた、売上高 2980億ドル(2005年 5月期)、従業員 170万人という世界最大の小売業。"EDLP (EveryDay Low Price)"という特売至上主義とは反対のコンセプトで売り上げを伸ばしてきた。

田舎のウォルマート、都会のK-マート、ターゲットという住み分けも最近は崩れてきてかなり商圏が重なってきている。その中でK-マートがはじき出され、 今はこの2つの戦いになっている。と言っても規模の点でウォル・マートが断然大きいのでターゲットがウォル・マートに追いつくことはあり得ないだろう。

で、その規模の大きさから市場に与える影響は計り知れない。ここに商品を入れることができるか否かが、その商品の存亡にかかわると言っても過言ではない。

決定権のあるバイヤーの大きな影響力のため、本当のユーザーではなく「バイヤー受け」する商品開発をすることになっていることが問題である。バイヤーのひ どいセンスのため、ひどいデザインがアメリカ中に撒き散らされていることが現状なのだ。

そして、ターゲットはこの問題をデザインで差別化に成功している。因みにターゲットはウォル・マートの「安物」イメージを嫌って、同じ商品でもわざわざ ウォルマートとは外観や機能を少し変えて価格比較できないようにしている。がんばれ、ターゲット!

ウォル・マート
http://www.walmart.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/33-d26d8226

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。