プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる人のエキスポ


08-04-09 Abilites Expo

先日、アビリティズ・エキスポ(Abilities Expo)へ行ってきた。

身体の不自由な人のための福祉機器展であるが、そのような人々の生活が改善され、独立の助けになることから Abilitiesという言葉を使っている。

展示の多くが車椅子関係で、こんなに車椅子メーカーがあることに驚かされる。

アメリカに来た当初は、街で車椅子の人を多く見かけ、それに対するスロープや専用スペースなどの施設に感激したものだ。(実際マンハッタンなど、行き届いていないところが多々あるが‥‥。)

公民権運動を発端に、ベトナム戦争の傷痍帰還兵への配慮、身障者も含めての平等意識の浸透のより「障害を持つアメリカ人法(ADA:Americans with Disabilities Act)」が成立し、身体の不自由な人を取り巻く環境も変わってきたが、その元にあるのは当事者たちの平等であろうとする意識の問題だろう。遠慮しないで堂々と外に出て権利を主張するアメリカ人だから今があるのだなあと思えてしまう。

膨大な種類の車椅子があるが、カラフルでカッコよく、デザインを意識させるものとそうでないものとの差が大きいように感じられる。その中で目に付いたのは、立たせる技術‥‥。ジャイロスコープによるバランス技術を使って2輪で立たせたり、エレベーター機構で位置を上下させることで立っている人との視線を合わせることができ、立位を前提とした作業が可能となる。

使う人にとってはカラダの一部である車椅子、まだまだやることがありそうだ。

Abilities Expo NY Metro
http://www.abilitiesexpo.com/

iBOT 4000
http://www.ibotnow.com/

MobiLife
http://www.biotechmedicalllc.com/mobilife/index.html

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/341-47bc148c

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。