プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ/アキュラとアウディのリア・デザイン


08-05-28 Tale Audi  Honda

ホンダとアウディの車のリア・デザインの処理が似ていることは、かなり以前に発見(?)して、実際そのモノを見るたび気なって仕方がない‥‥。

今のシビックが出たときだと思われるが、後ろ姿のイメージを大きく左右するリア・コンビネーション・ランプの内側の下側コーナーをえぐり取ったカタチが、アウディA4のそれと同じであるということだ。

両方ともそのデザインになったのは2006年モデルからで、どちらが先ということでもないようだが、日本とドイツを代表するブランドで見る機会も多いのでつい目が行ってしまう。

そして気が付くと、アキュラのMDXとRDX、新しい2008年モデルのTSXが、そしてアウディは、A3、A4、Q7に加え、新しいA6も同様の処理になっており(A5は区別するためか、コーナーをまっすぐカットしたカタチになっている。)、どちらもスタイリング・アイデンティティのひとつの要素にしようとしているようだ。ただホンダはシビック以外には使われていないので、意識していないのだろう。

もちろんディテール処理が全く異なるので全体のイメージが似通っている訳ではないが、基本的なところが同じなのでどうしても「共通性」を見出してしまう。

ブランド・イメージを確立するため、クルマのスタイリング・イメージを統一させる手法はドイツ車など顕著であるが、その要素が部分的に同じとなるとちょっとやっかいだろう。

ところが最近明らかになったA4の2009年モデルは、A5と同じくコーナーをまっすぐカットしたカタチになっている。う~む、最も売れ筋のA4を変えるとなるとアウディが相手を意識しているのか‥‥?話がややこしくなってきたが、とにかく今後どう展開していくか注目していきたい。

American Honda Motor の自動車のページ
http://automobiles.honda.com/

Acura USA
http://www.acura.com/

Audi USA
http://www.audiusa.com/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/356-962f0c9d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。