プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロココのカーブはいつまでも


08-06-01 Rococo

クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館へ"Rococo: The Continuing Curve 1730–2008"展を見に行ってきた。

ロココ(Rococo)は、18世紀、ルイ15世の時代にフランスで始まった様式で、植物のような有機的曲線を多様した装飾技法であるが、その後ヨーロッパ他国やアメリカへ移り、「曲線のデザイン」として現在まで変化し、社会に影響を与えていった。

展示では、実物の家具や調度品、小物、印刷物などが並べられ、ロココが短期的な古い様式ではなく、それが各地に移動し変化していることがよく判る。18世紀の植物の葉をイメージした家具類から、アール・ヌーヴォーの小物、そして現代のフィリップ・スタルクやフランク・ゲーリーによる椅子などを通して300年に渡る「曲線デザイン」の流れを感じ取ることができる。

Rococo: The Continuing Curve
Cooper-Hewitt, National Design Museum
http://cooperhewitt.org/EXHIBITIONS/rococo/

Rococo (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Rococo

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/358-b5717340

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。