プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックフェラーセンターに新たな摩天楼が


08-07-11 Chris Burden at Rockefeller

ロックフェラー・センターのチャンネル・ガーデン、五番街入り口に、クリス・バーデン(Chris Burden)の作品がそびえ立っている。

パフォーミング・アーティストとして知られているクリス・バーデンであるが、この"WHAT MY DAD GAVE ME"と名付けられた作品は組み立ておもちゃのErector partsを100万個使って作られた高さ65フィート(20メートル)の「建築」である。

以前からErector partsを使った橋などの構造物作品を発表してきたが、その集大成とも言えるもので、五番街に面して「建てられた」この作品、GEビルとの対比、ツーショットを意識しているようにも見える。

100年前に開発されたおもちゃのパーツによって、1,600ポンド(7.26トン)の重量を支える構造そのものが見るものを圧倒する。

Chris Burden (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Chris_Burden

Public Art Fund: Chris Burden
http://publicartfund.org/pafweb/projects/08/burden/burden-08.html

Chris Burden's Erector Sculptures (Girders and Gears)
http://www.girdersandgears.com/burdenerector.html

Crown Point Pressの記事
http://www.crownpoint.com/artists/burden

Meccano (Erector partsのメーカー)
http://www.meccano.com/ 


---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/374-d4464e92

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。