プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム・デリバリー


08-10-13 Home Delivery

MoMAで夏の間、住宅デザインについての展示が行われてきた。

この「ホーム・デリバリー(Home Delivery)」は、ホームにデリバリーするのではなく、ホームをデリバリーする‥‥、つまり他で作って現場で組み立てる「プレハブ住宅」について過去・現在・未来を語る展示会である。

6階の展示室では、過去から現在までのプハブ住宅を模型や現物・ビデオなどで説明し、屋外では未来に向けての新しい提案住宅が実際に建てられて体感することができる。当然、黒川紀章の「中銀カプセルタワービル」も模型とビデオで詳しく紹介されている。

住宅の工業化はモノの大量生産と同様に始まって、ある時期にはモダン建築のシンボルでもあった。1960年代の金属パネルを多用したユニットを組み合わせた住宅はまさに懐かしい「昔の未来」そのものである。現在では住宅に限らずあらゆる建築でかなりの部分が工場で生産されているプレハブだが、イメージとしての「ユニット感」はなくなっている。

そういう中で現在日本で普及して、「ユニット化」が顕著に表れているユニットバスやカプセルホテルが紹介されていないのは残念ではある。

屋外に展示されたコンセプト住宅は、建てる側のメリット、面白さ、サスティナビリティーという点を前面に出したものだろうが、肝心の「住む」ということがあまり考えられていないようだ。住んでみたいとは思えないものばかりで、この辺りの完成度には疑問が残ってしまう。でもプレハブらしくないプレハブでは、ここに並ぶ意味がないかもしれないが。

MoMA "Home Delivery"
http://moma.org/exhibitions/exhibitions.php?id=5476

Online exhibition and project journal
http://www.momahomedelivery.org/

プレハブ建築協会
http://www.purekyo.or.jp/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

写真で見る限り、日本のように室内空間をどう表現するかといった感じは全く見られませんね・・・。

コメント有難うです。
基本的にはどう作るかに重点を置いてますが、美術館内の展示ではインテリアを実物大で表現したものなどがありましたよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/385-8c46f7d9

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。