プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C.O.ビゲロウのブランド戦略


C.O. Begelow (09-02-24)

写真左は、グリニッジビレッジにあるC.O.ビゲロウ(C.O. Bigelow)で、アメリカ最古の薬局として有名である。

ボザール様式の建物と古いネオンサイン、タイムスリップしたようなインテリアも1902年の創業当時そのままで、どこか懐かしい雰囲気が老舗ぶりをうかがわせる。

そしてここのオリジナル商品は、ちょっとレトロなパッケージデザインが特徴的な高級品として多くのファンを掴んでいる。

写真右は、ニュージャージー州のガーデン・ステート・プラザの店舗であるが、ここを運営しているのは、ヘンリー・ベンデル(Henri Bendel)やヴィクトリアズ・シークレット (Victoria's Secret) などのブランドを持っているリミテッド・ブランズ(Limited Brands)である。リミテッド・ブランズはこの高級老舗ブランドを利用して、約10店舗をショッピング・モールなどで展開している。

本家の直営店はあくまでグリニッジビレッジの店舗のみで、他とは切り離されている。その為グリニッジビレッジ店のサイトには他の店舗情報はない。逆に他の店舗に置いてあるカタログにはグリニッジビレッジ店のことは載っていないし、リミテッド・ブランズのサイト内のC.O.ビゲロウのページではニューヨークに店舗はないことになっている。商品はC.O.ビゲロウ・ブランド以外はそれぞれ独自性を持たせている。また通信販売もグリニッジビレッジの本家だけが行っている。

消費者にとってはそんなことは関係なく、あのC.O.ビゲロウが支店を出したと思っているだろうが、その裏ではお互いにメリットを求めるしたたかなブランド戦略が隠されているということだ。

--- 追記 ---
ガーデン・ステート・プラザの店舗は、2009年9月に閉店した。

C.O. Bigelow Chemists, Inc
http://www.bigelowchemists.com/

C.O. Bigelow (Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/C._O._Bigelow

Limitedbrands
http://www.limitedbrands.com

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/413-df7459c6

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。