プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイ・ラインとスタンダードホテル


09-07-03 The High Line 09-07-03 Standard Hotel

6月中旬に部分オープンした、「ザ・ハイ・ライン (The High Line)」を歩いてきた。

マンハッタンの西側、1930年代に作られた貨物用高架鉄道である「ウエスト・サイド・ライン(West Side Line)」が1980以降使われず放置されてきたが、新しく緑いっぱいの遊歩道となって蘇った。

今回オープンしたのは、全長約2.3キロのうち南側のミートパッキングエリアのGansevoort Streetから20丁目までの区間。残りの部分は来年完成予定である、

Diller Scofidio + Renfroの遊歩道デザインは、歩道部分と緑地部分が半分ずつぐらいで、かつてのレールがそのまま効果的に使われている。緑地部分はコンクリートの一部から雑草が生えたというワイルドなイメージを演出している。今は多くの人で賑わっているが、自転車道やジョギングコースが併設されている訳でもなく、植物を見ながら散歩するだけで、これから実際どうなるのか楽しみであると同時に少し不安でもある‥‥。

そしてミートパッキングエリアでそのThe High Lineを跨いでいるのが、この遊歩道に先立って部分開業したスタンダード・ホテル。Diller Scofidio + Renfroによるクリーンなモダンデザインのホテルで、二本足で高架鉄道を跨いでいるその姿には強いインパクトが感じられる。

ミートパッキングエリアからチェルシーを抜け、ハドソン・ヤードあたりまでを結ぶマンハッタンの西側の「線」がマンハッタンをどう活性化させていくか注目したい。

The High Line
http://www.thehighline.org/

Diller Scofidio + Renfro
http://www.dsrny.com/

On High, a Fresh Outlook (NY Times の記事)
http://www.nytimes.com/2009/06/10/arts/design/10high.html

The Standard New York
http://www.standardhotels.com/new-york-city/

Polshek Partnership Architects
http://www.polshek.com/

過去記事:ヴィアデュック・デ・ザール(07/02/24)パリの高架鉄道跡再開発
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-186.html

過去記事:ハドソン・ヤード開発プロジェクト(07/12/05)
http://designusa.blog70.fc2.com/blog-entry-282.html

グーグルマップでハイ・ラインはココ
http://tinyurl.com/3cex727

グーグルマップでスタンダードホテルはココ
http://tinyurl.com/3cshrd9

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/433-84c5539a

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。