プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、兵器のデザイン

20060608082013.jpg

メモリアルデーに合わせてニューヨークのフリート・ウィークがあり、多くの艦船が集まった。

メイン艦が、今までの空母ジョン・F・ケネディに代わって、ワスプ 級多目的強襲揚陸艦キアサージ(USS Kearsarge LHD-3)になったので、久しぶりに見に行ってきた。MV-22 OspreyやHarrier II が見れると思ったが、残念ながら展示してあったのは旧式のヘリコプターや戦車などばかりで、ちょっとがっかりさせられた。これも秘密漏洩防止のためか‥‥。

それでもいろいろな兵器を自由に触らせてくれるところがアメリカらしい。説明する軍人も非常に丁寧で、とってもフレンドリー。もちろん納税者への説明責任 であるが、「軍に入ってカッコいい兵器を操作しよう!」というリクルート活動の大きな場であることは言うまでもない。

兵器産業で工業デザイナーがどう関与しているのかは判らないが、「デザインはある目的を達成するためのモノ・コトづくり」とすれば、まさに究極のデザイン がそこに存在する。

ここにも「工業デザイナーが関わらないデザインの美」がある。反面、訓練された基準を満たした人間だけが操作するという、バリアフ リーやユニバーサルデザインという考えはこのカテゴリーにはない。実際そこら辺に沢山いるスーパーデブアメリカ人は絶対に通れない通路や階段を見るにつ け、基準ってあるんだ、と再確認できる。

そう言えば、最初の人間工学の人体標準は、軍のためにドレフェスが作成したものだったはず。

Fleet Week New York City
http://www.fleetweek.navy.mil/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/45-3e395562

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。