プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルグリーンのPBビール


11-03-28 Big Flats

アメリカでも「放射能除去ドリンク」としてビールが売り切れている、ということはない。

プライベートブランド(PB)の激安ビールが流行っているという。

そんな訳でウォルグリーンのPBビール「ビッグ・フラット1901(Big Flats 1901)」を飲んでみた。

50セントビールとしてテレビなどで話題になっていたビールだが、ニューヨークのタイムズスクエア店では6缶パックが4.99ドル。1本83.33ドル‥‥。ショバ代が高いからと言ってこんなに差をつけていいのか?ついでにニューヨーク市だと缶のデポジットが1缶5セントと売上税8.875%が加算される。

マンハッタンの中でも店ごとに値段が違っているかは不明であるが、もちろん他のブランドも高いので相対的にコレが一番安いのは間違いない。

で、味はまあこんなもんでしょう。ラガーだからちょっと苦めだけどコクがない。まずくはないけどうまくもない。1本50セントなら十分満足できるのでは‥‥。でもマンハッタン値段ならウチの近所で普通のバドワイザーと同じなのでまた飲みたいとは思えない。

BIG FLATS 1901
http://www.bigflats1901.com/

BeerAdvocate による評価
http://beeradvocate.com/beer/profile/21092/64297



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/560-e901347d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。