プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザハ・ハディッド (Zaha Hadid) の建築展

20060618152503.jpg

イラク・バグダッドで生まれ、ロンドンを活動拠点としている建築家ザハ・ハディッドの大々的な展覧会がニューヨークのグッゲンハイム美術館で始まった。

彼女は「脱構築主義」(Deconstructivism)の旗手の一人であり、コンセプチュアルで空間的なドローイングは有名だが、実際の建築はあまりなかった。しかし、90年代からヴィトラ消防ステーションをはじめ、多くが実現してきており、最近ではインスブルックのスキージャンプ台やドイツ・ヴォルフスブルクのPhaeno Science Centerを完成させている。

2005年にできたドイツ・ライプツィヒのBMWセンターは、車の製造工程とオフィスを一体化させた全く新しいコンセプトでできている。効率という点ではどうなのか判らないけれど、これを具現化させたBMWという会社もすごいと思う。

また、ロンドンオリンピックの水上競技センターなど、イギリスやフランスでもプロジェクトが進行中だが、幻となったニューヨークのオリンピック村のマスタープランも彼女のコンセプトだったようだ。

ドローイングだけだといまひとつ理解できないコンセプトも、模型を多く展示することによりその「脱構築主義」の形をリアルにイメージすることができる。そして同時に展示されているコンセプトカーやキッチンセット、家具のデザインを見ると彼女の深層にある形状に対する想いが伝わってくる。

会場のほとんどは「カタツムリの殻」の回廊で行われているため、どうも落ち着かない。特に彼女の作品は水平・垂直でない面を多用しているので、模型のカタチを把握するのに苦労する。やはり、これらは通常のフロアでやるべきだったと思う。

ザハ・ハディッドの公式サイト
http://www.zaha-hadid.com/

グッゲンハイム美術館ニューヨーク
http://www.guggenheim.org/new_york_index.shtml

ドイツ・ライプツィヒのBMWセンター
http://www.designbuild-network.com/projects/bmw/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

BMWのウェブサイト

BMWのウェブサイトにライプチヒ工場とザハ・ハディッドについての詳しい情報が載っています。

http://tinyurl.com/eb8ox

トラックバックありがとうございます。

トラックバックありがとうございました。これからも拝見させていただきます。ドバイでは他、彼女によるオペラハウスの計画も進行中です。

ザハのBMWセンターは確かに魅力的な形状かと!!
建築物は、写真で見て理解しきれるものでなく、ソコを訪れて体感してみないと正確なコメントはできません...よね。

プチちゃわさん、コメント有難うです。
そうですね。本当は実際に住んだり、使ってみないと判りませんね。だから建築を見に行くのを楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/60-d4c52671

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。