プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋幟(のぼり)

20060627123504.jpg

日本の街の景観を悪くしている要因のひとつと言われてきた「幟」はまだあちこちにあるのだろうか?

最近、「西洋幟」とも呼べるExpand A Signの"Flying Banner" が主要道路沿いや街角、屋内のイベント会場でよく見られるようになった。

このExpand A Sign、オーストラリアの企業だが、(オーストラリアが西洋かどうかはここでは問わないで)世界中で、ディスプレイやイベント用のシェードやバナー類を販売している。

アメリカなどの場合、バナーが「幟」の役目をしてきた訳だが、風によって視認性が変わったりする欠点をこの"Flying Banner"は補っている。

昨年の愛知万博で採用されたので日本でも広まっているのだろうが、果たして「幟」を駆逐することになるのか、非常に興味深い。日本の「幟」がダメでこの"Flying Banner"ならいいとすると何が違うのだろう?形状なのか、材質なのか?感性工学を駆使して研究してみる価値があるかもしれない。

実際、遠目にはあまり変わらないのではないか?いずれにしろ量が多くなれば環境への影響を考慮せざるを得ないだろう。

Expand A Signのウエブサイト
http://www.expandasign.net/
http://www.expandasign.com/

日本では
http://www.expandasign.jp/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/66-629dae2d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。