プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who Killed the Electric Car?

20060704090708.jpg

GMの多分唯一の「GM」ブランドであった電気自動車EV1がどうして街から消えたかを告発するドキュメンタリー映画 "Who Killed the Electric Car?" が先週からLAとNYで公開されているので見に行ってきた。

99年にLAへ行ったとき、EV1が実際に走っている姿をみてえらく感動したことを覚えている。しかしそれがその後、どうなったかについてはあまり気にしていなかった。カリフォルニアでは大きなニュースになったのかもしれないが、それらのリースが打ち切られ、多くがスクラップ行きとなりこのシステムが消えてしまったことを最近やっと知った。

映画は、旧ユーザーの「EV1を買取らせろ」活動を通して、バッテリー、石油産業、自動車メーカー、アメリカ政府、燃料電池車、カリフォルニア空気資源評議会、消費者のそれぞれが「容疑者」としてどうこの問題に関わってきたかを検証している。単にどこかが圧力をかけた、という訳ではなく様々な要因がからんでこのクルマの運命を左右してきたと同時に、実はEV1の出現は自動車とその関連産業に大きなインパクトであったことが判る。そしてそのスキを日本のハイブリッド車が入り込んだということだ。

現在の燃料電池車の状況を考えると、次のステップとしてはハイブリッド車が直接充電可能となるプラグインハイブリッド車ということのようだ。いずれ化石燃料の時代が終わるわけだが、どのように切り替わっていくだろうか?フィルムからデジタルに変わったカメラとは比べ物にならない程巨大な産業構造の変化が待っていることだろう。

公式サイトには、かなり詳しく内容が説明されている。
http://www.whokilledtheelectriccar.com

EV1 Clubのウエブサイト
http://ev1-club.power.net/

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、やってます。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/71-7bb4f4a2

「誰が電気自動車を殺したのか?」現地で観た方のレビューが出始めました

 「誰が電気自動車を殺したのか?」を現地で観た方の日本語レビューが出始めました。 WHO KILLED THE ELECTRIC CAR?も見てきました。 :O.C. Kitchen Who Killed the Electric Car? :アメリカで考えるデザイン  他にも時間が経つにつれて、6月28日の公開より前に書?..

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。