プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアハンドルの形

20060711192658.jpg

アメリカではドアのハンドルバー、水平のバーは「押す」で垂直のバーは「引く」を意味している。と言っても他の国のことはよく知らないので、ひょっとするとどこの国でも当たり前かもしれないが‥‥。

別にISOやASAで決まっている訳ではないようだが、こうなっている。外へ出る場合に「押す」ことは、パニックバーと呼ばれ避難することを考えれば当然のことだが、内外がはっきりしないときでもハンドルの形状でどうするべきか判断できて便利である。

「押す」方はドアの幅いっぱいで、「引く」方は短いタイプが普通だが、もちろん例外も多くある。しかし、ヨコ=押す、タテ=引くという原則はかなりの確立で守られているようだ。

日本の場合を考えると、多くが自動のスライディングドアやノブを回すタイプであったりと、このようなドアは印象にないが、どうだろう‥‥。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
----------------------------------------------------
メールマガジン、始めました。 購読はこちら からどうぞ。
----------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/75-fbca9876

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。