プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークの回転ドア

20060712102222.jpg

昨日に続いてドアもの。

いまだに回転ドアに入る時には緊張する。前の人に続いてタイミングを計りながら、せーのっと‥‥。

ニューヨークには自動回転ドアはほとんどなく、昔ながらの一人用の手動タイプばかりである。この回転ドア、アタッシュケースを持った慣れたビジネスマンとビジネスウーマンが同じペースで颯爽とビルに吸い込まれていくという、いかにもアメリカというイメージがあるが、なかなかカッコよく通れない。

人の出入りによる空気の流れが構造上少なく遮断されている状態を保つので、空調しているビルには好都合だが、実際は始めはドアが重いし、大きな荷物や子連れでは通れないなど決して万人向けではないし、センサーなんかないから極めて危険なシロモノであることは確かだ。こういうモノと隣り合わせでいるという自覚が必要なのである。もちろん車椅子では通れないわけで、回転ドアの横には普通の開きドアの設置が義務付けられいる。そしてみんな回転ドアを使うのが嫌だからこのドアが開けっ放しになっているという状況が生まれている。

で、普通のドアの場合も、押しボタン式自動ドアとなっていることもあるが、そうでないと車椅子やストローラーを押している人にとって大変なのは変わりない。人がたくさんいるところでは、誰かが助けてくれるのがアメリカのよさ(リーダーズダイジェスト誌の調査では、ニューヨークは世界で最も親切な都市だという。)だが、誰もいないとキビシイ。

因みに回転ドアが世界で初めての設置されたのは、タイムズスクエアのレストランだそうである。

ブーンイダムの回転ドアシリーズ
http://www.boonedam.nl/jpltd/revass_jpltd.htm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
----------------------------------------------------
メールマガジン、始めました。 購読はこちら からどうぞ。
----------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/77-8e521dce

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。