プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイロフォームによろしく

20060801212451.jpg

スタイロフォームなどの発泡材は、今だに簡易モックアップの主要材料である。

ダウ・ケミカルが開発した押出法ポリスチレンフォームの「スタイロフォーム」は1962年から断熱材・保温材として生産されている。

ポリスチレンは無色透明の樹脂なので、それを発泡させると微細気泡で白くなる。スタイロフォームは物性・機能に影響のない極微量の色素剤を入れてブルーにしており、このブルーが「スタイロフォーム」の代名詞ともなっていて、「ブルーフォーム」とも呼ばれることも多い。いろいろな発泡材があるがモック作りにはこれが最適のようだ。

因みにスタイロフォームも年に一回程度限定で色素を抜いた白いフォームを製造しているそうだが、物量の関係でほとんど手に入らないとのこと。う~む、一度見てみたい。

モックアップ用にいつごろから使い始めたのかは判らないが、学生だったウン十年前にはすでに広く使われていたように思う。インダストリアルクレイなど、他にも自由曲面をつくる材料はいろいろあるが、スタイロフォームの手軽さにはかなわない。

これを熱線カッターで切断、後は自分の手で感触を確かめながら、ひたすら削ってヤスリがけ、というプロセスはモノづくりの基本である。アメリカのデザイン事務所の場合(と言うか、ニューヨーク周辺で大きな勢力であるPRATTの影響のようだが)やたら、早い段階からモックを制作する。立体は立体で考えるということだが、これはデジタルの時代でも変わらない。

FILAとCORE77のコラボレーションで、スタイロフォームに感謝を込めて(?)デザイナー限定スニーカーを販売している。数量に限りがあるので、日頃スタイロフォームと格闘している方はお早めにどうぞ。

スタイロフォーム
http://www.dow.com/styrofoam/index.htm

スタイロフォーム Square Edge
http://www.dow.com/styrofoam/na/res-us/products/square_edge.htm

FILAとCORE77によるBLU FOM (Oにはウムラウトが付く)
http://www.core77.com/blufom/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
---------------------------------------------------------------
メールマガジン、始めました。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/90-b3c85609

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。