プロフィール

Design-USA

Author:Design-USA

最近の記事

過去の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ご意見・お問い合わせは

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファニエル・ホール・マーケットプレイス

20060809225506.jpg

ボストンの観光名所のひとつ、ファニエル・ホール・マーケットプレイス。

70年代後半のウォーターフロント再開発の先駆のひとつで、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフなどとともに成功例として有名である。

歴史的建造物で集会場であったファニエル・ホールと市場であったクインシー・マーケット、その南北にあるノース・マーケット、サウス・マーケットで構成されている。どこにでもあるチェーン店の他にボストン、ニューイングラン地方ドオリジナルの店舗やレストランが並んでおり、観光客や近隣のビジネスマンで一日中賑わっている。

ウォーターフロントと言っても直接海に面しているわけではなく、間に高架高速道路が鎮座していたが、それが地下化されしっかり海に繋がることになった。これを機会に新しい展開が生まれるだろう。実際、再開発されてから30年になり、建物の傷みも目立つ。再々開発が必要な時期かもしれない。

ここを開発したラウズ・カンパニー(Rouse Company、2004年にゼネラル・グロース・プロパティに買収された)は、その後ニューヨークのサウスストリート・シーポートやボルチモアのハーバープレイスなど多くを成功させ、世界的ウォーターフロント再開発ブームが起こっていくことになる。

ファニエル・ホール・マーケットプレイス
http://www.faneuilhall.com/

ゼネラル・グロース・プロパティ
http://www.generalgrowth.com/

フィッシャーマンズワーフ
http://www.fishermanswharf.org/

グーグルマップではココ。
http://tinyurl.com/3yabkpm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

---------------------------------------------------------------
メールマガジン、始めました。 購読はこちら からどうぞ。
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://designusa.blog70.fc2.com/tb.php/94-ebab07bc

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。